総落差120m 主落差は落差32m

何段にもなって流れ落ちていく滝を観覧台の上から見る珍しい滝でした。

大雨が降った後の為、とても水量が多く迫力があり満足度☆☆☆
しかもまだ皆に知られていないようで、観光客は0

橋の上で昼食をとりましたが誰も通らなかったのでラッキーって感じ、のんびりできました。

暑がり屋さんもエアコンに当たっている様で、寒いといって笑っていました。
帰りは白倉峡を回ったのですが、白倉峡が暑く感じる程でした。