第2デイケアでは、今年の一泊旅行は京都に行って来ました!

新幹線で京都駅に着き、ホテルに荷物を預けました。ホテルの部屋は和室でしたが広い!これで超夕食付きで約7,000円ですから素晴らしい。

まずは、地下鉄で京都御所へ。あまりに広々とした砂利道にびっくりです。

20131107-182538.jpg

 

 

続いてバスでお昼ごはんを食べに行きました。なんと!こんな京都っぽい風情漂う(っていうか京都そのものです)、西陣にある「鳥岩楼」さんへ。ここは築500年の建物で、いわゆる町家です。玄関を入るだけで京都の雰囲気ですが、細い廊下を抜けると目の前には小さいけれど豊かなお庭が広がります。

20131107-182603.jpg

 

そして、こちらが親子丼です。鶏の出汁がよく出たスープが付いています。

20131107-182617.jpg

 

シンプルなお椀のフタを取ると・・・。

20131107-182629.jpg

 

ほわっと素晴らしい、地鶏の親子丼が登場です。これでなんと800円。夜は6,000円〜のお店ですが、お昼は親子丼専門でこの値段は20年以上変わっていません。というのも、引率したスタッフが学生時代にこの近くに住んでおり、アルバイトのお給料が入ると、唯一の贅沢として食べに行っていたお店だったので知っていたのです。たった800円で、京都の雰囲気を全部満喫したような感じでした。

 

お腹もいっぱいになり、上七軒を通って北野天満宮へ。お参りをした後、京都と言えば和菓子というわけで、「粟餅澤屋」さんへ。とてもシンプルなお餅ですが、もちもち柔らかでとても美味しかったです。みんなぺろりと食べてしまいました。

20131107-182643.jpg

 

 

その後、北野白梅町でバスに乗ろうとしたのですが、目についたスーパー「イズミヤ」に入って、京都では一体何が売っているのかみんなで見ました。うどんの種類がやたら多かったり、京野菜のコーナーがあったりしました。

 

バスに乗って金閣寺へ。「いかにも京都の観光地」なんですけれど、いつ見てもやっぱり光ってますね。

20131107-182700.jpg

 

完全に紅葉というわけではありませんが、ところどころグラデーションがきれいでした。

20131107-182713.jpg

 

 

夜はホテルでステーキです。

20131107-182728.jpg

 

京都タワーもきれいでした。

20131107-182746.jpg

 

東寺も歩いて行きました。

20131107-182759.jpg

 

 

夜、祇園を見に行きました。

20131107-182814.jpg

 

こちらは南座です。

20131107-182833.jpg

 

先斗町にも行ってみました。

 

 

 

 

 

20131107-182841.jpg

20131107-182851.jpg

 

 

翌朝は散歩。ここは「富士ラビット」というバイク屋さんだったんですけれど・・・保存しながらなぜか「なか卯」(牛丼チェーン)になっていました。

20131107-182908.jpg

 

 

朝食後、ホテルを出てバスに乗り、清水寺へ。ここは茶わん坂です。五条坂というバス停から降りて、清水寺へ行く一番の近道で、傾斜も緩いです。

20131107-182928.jpg

 

清水の舞台です。

20131107-182936.jpg

 

八坂の塔。途中から大雨になり、お店の軒先で雨宿り。「雨宿り」なんて、久しくしたことがなかったなあ。いい体験でした。

20131107-182944.jpg

 

 

お昼は、南座の「松葉」でにしんそば。有名店です。三日三晩炊いた身欠き鰊と、じっくりとった出汁で味は良かったです。味は。以上。

20131107-182959.jpg

 

 

その後、高島屋でお土産を買いました。錦市場にも行きました。それぞれ1時間くらい時間を取りましたが、あっという間でした。

 

ホテルに荷物を取りに行き、駅でまたお土産タイムです。みんな、たくさん買っていました。スタッフも山ほどお土産を買いました。お財布が寂しいです。ま、それはいいとして。

 

最後は、みんなで新幹線の中で「551蓬莱」さんの豚まん。よくスーパーで売っている「蓬莱」ではなく、本家というかこちらが豚まんで言うところの551です。これは、蒸かしたての作りたてを食べるのが通です。しかし、直営店は関西にしかありません。難易度高い!京都駅の新幹線の改札近くに、売店があるのです。なぜ作りたてがいいかというと、肉汁が違います。時間が経ったり、レンジで温めても味が違います。

20131107-183009.jpg

 

 

みなさんお疲れでしたが、楽しい一泊旅行となりました。