image

先日のランチ。
鍋焼うどんでした。

この真ん中にのっている、卵。
これが、ちょっとした流行りになっています。
温泉卵と呼ばれる、卵コーナーの高級品。普通の卵の倍以上のお値段がするものでございます。

これを、ランチに使いたい、ということで、スタッフは考えます。
やっぱり生卵にしちゃう?高くても奮発しちゃう?

いやいや。作れないかな、と。

これが見事に作れました。
温度と保温に気を付けながら簡単に作れます。
簡単ながらも感動ものでした。

敏感な女性たちは、すぐにレシピを覚え、デイケアでも、自宅でも実践するという徹底ぶり。みなさん成功したそうで、喜んでいました。

レシピ。     卵30個分

5リットルのお湯を鍋に沸かします。ぐらぐらするまで沸かしてください。

ぐらぐらしたら、火を止める。

差し水(1リットル)をする。

卵を鍋にそーっといれる。

鍋に蓋をする。

15分で出来上がり。

大切なのは、お湯の量を十分にして保温を保つことです。お湯が少ないと早く冷めてしまうので、うまくできないようです。
なので、蓋をすることも、保温を保つということで大事なことですよ。