2日目の朝は、朝風呂から始まりました。

風呂場の前には、冷たいお水と冷たい黒豆茶がサービスでありました。

更に、昨日の鯛のだし汁で作ったお味噌汁のサービスまであり、

目覚めの良い1日になりました。

 

DSC_1848

 

そして、朝食は、アジの干物が特別に美味しく感じました。

 

DSC_1839 DSC_1011  DSC_1009

 

お世話になった旅館を去り、遊覧船に乗りました。

堂ヶ島の洞窟めぐりで、リアス式海岸や点在した島々や奇岩、神秘な洞窟をめぐり、堂ヶ島を満喫した思いでした。

 

DSC_1042 DSC_1874 DSC_1869

DSC_1024 DSC_1023

 

ちょっとお疲れのグループは、天窓洞の上から、皆が遊覧船で現われるのを待ち、大きく手を振り写真を撮っていました。

 

加山雄三館にも立ち寄り、

朝の干物の味が忘れられずに、最後は干物屋によりました。

 

 DSC_1050 DSC_1052

 

そして、いよいよ旅のお別れです。

再び、フェリーに乗り、清水港に向かいました。

 

DSC_1918 DSC_1936 DSC_1021

 

DSC_1055 DSC_1955

 

絶景が心を和ませ、静に時間が流れ、まぶしいほどに新鮮な魚介類を食べ潮風と過ごす、素敵な時間でした。

まるで、日常を忘れる海辺の隠れ家に、行って来たようでもありました。

以上、堂ヶ島で過ごす極上の時間は終わってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、お楽しみの夕食の時間です。

宴会場を予約して、広々と使えてのんびりできました。

食前酒は、梅酒で始まり、鯛、マグロ、きびなご、ぶり、から始まり、盛り沢山の魚介類が出てきました。

 

DSC_0992 DSC_0978 DSC_1824

 

DSC_0988 DSC_0987 DSC_0993

 

DSC_0989 DSC_0991 DSC_0990

 

DSC_0984 DSC_0983 DSC_0986

 

DSC_1011 DSC_0997 DSC_1009

 

甲殻類、そばアレルギーの対策もばっちりで、かえって、超ご馳走に見えました。丁寧に、枕もアレルギー対策がしてありました。

 

お風呂も部屋も全部海のまん前にあり、海の中にいるようでした。

露天風呂からとった、三四郎島です。

干潮になると、島まで歩いて渡れます。

DSC_1815 DSC_1808

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず、元気いっぱいのひまわりです。

活動している畑では、ほうれん草が見事な出来で、小豆の収穫もしました。

畑を耕していると、こんなお客様が。
image

このミミズからすると、私たちの方がお客様かもしれませんがね。

いや~。大きかった。
畑を初めてから最大のミミズだったかも。

それだけ、居心地がいいということです。

反対に、虫など苦手なメンバーには、どんどん居心地のよくない畑となっています。

でもまた、せっせと耕します。
収穫したての野菜は絶品ですよ。

すっかりハロウィンが定着したこの時期。

お昼に、あるスタッフがこんなものを作りました。
image

『魔女の指だよ♪』といい、そのスタッフは満面の笑みでこの手の込んだ指(ウィンナーとパプリカです)をお皿に並べていました。

そしてその後。
ひまわりに置いてあった、さつまいもで、これまた美味しい一品を作り始めました。

と….そこに通りかかったひとりの人。
『ちょっとちょっと。そんなに美味しいもの作っちゃ困るよ!』
この声の主は、以前このブログで紹介した、就労グループのスタッフ、焼き芋を売る看護師です。

いつもは、寛容で温和なこの看護師も、さすがにさつまいものことになると、見過ごせなかったようです。

ひと悶着した後は、美味しく出来上がった、さつまいも料理をみんなで笑いながら食べましたとさ。

マスカットでは、お月見だんごを作りました!

  
形も色々、色も色々、味はバッチリ!

あんこときな粉で食べました!

美味しかったです!

10月22日(木)

清水港に着き、フェリーでいよいよ堂ヶ島に出発です。

フェリーに乗るのも初めての人も居て、ドキドキ、ワクワクしながらでした。

 

DSC_1955  DSC_1952  DSC_1947

 

DSC_1928 DSC_1918     DSC_1061

 

DSC_1055

 

波も少なく誰も船酔いせずに、十分に海を眺めながら楽しめました。

船内は、横になれる所もあり、いろりらしくごろごろしている人も居ました。

土肥に着いてからは、恋人岬に行ってきました。

 

DSC_0945 DSC_0953 DSC_0960

 

DSC_0963 DSC_0961 DSC_0949

 

DSC_0947

 

いよいよ堂ヶ島の旅館に到着しました。

三四郎島が、真正面に見えて、干潮時には道ができて歩いていけます。

 

DSC_1815 DSC_1842

 

部屋が又、情緒があり素敵なところでした。

廊下です。

 

DSC_0999

 

夕日がとてもきれいでした。

 

DSC_0968

1 / 3123