至空会から本が出ることになりました。

 

『地域における多機能型精神科診療所実践マニュアル―乳幼児から成人までの地域包括ケアシステムを目指して』

 

というタイトルで、これまでの至空会が行ってきた地域での精神保健医療福祉の取り組みなどをまとめたものです。昨年の今頃からスタッフが分担して執筆し、このたびやっと出版されることになりました。

 

 

 

主な目次は次の通りです。


まえがき
第1章 多機能型精神科診療所
第2章 浜松での多機能型精神科診療所(至空会)展開の概要
Ⅰ.多機能精神科診療所型展開の前の段階
Ⅱ.現在の多機能型精神科診療所に至る変遷のダイジェスト
Ⅲ.現在の多機能型精神科診療所としての形態
第3章 崩壊しつつある地域
Ⅰ.妊娠期・乳児期・児童期
Ⅱ.児童期・学童期
Ⅲ.高校中退 ひきこもり・ニート
Ⅳ.家庭の崩壊
Ⅴ.地域の崩壊と多機能型精神科診療所
第4章 多機能型精神科診療所の胎動期
第5章 多機能型精神科診療所の模索期
Ⅰ.主に福祉部門
Ⅱ.主に医療部門
第6章 多機能型精神科診療所の展開期
第7章 地域支援における研修会やNPOの役割
第8章 当法人の考える治療とは
Ⅰ.病気や障害の捉え方
Ⅱ.治療とは
Ⅲ.人の理解と支援のポイント
Ⅳ.心理療法
第9章 各部門の展開
Ⅰ.療育部門
Ⅱ.デイケア部門
Ⅲ.就労支援部門
Ⅳ.訪問支援部門
Ⅴ.親なき後を見据えた関わりについて
第10章 多機能型精神科診療所の中で生活しているメンバーとスタッフについて
Ⅰ.グループホームを活用しているメンバーについて
Ⅱ.単身生活を送っているメンバーについて
Ⅲ.スタッフの成長
Ⅳ.メンバーへのインタビュー
あとがき


 

帯には、小倉清先生がコメントを寄せてくださいました。「世界に類を見ない」(!)とはちょっとお恥ずかしい限りですが、日本各地の多機能型精神科診療所や、学会などで見聞きする海外諸国の事情などを考えると、確かにそうなのかもしれません。

 

といいますのも、私たちが世界の最先端を走っているということではなく、日本中、世界中の精神医療や子どものケアに関わる病院や施設など、それぞれがその地域に合わせた展開をしている、どこもすべてオンリーワンなのではないかとも思いました。その、浜松での社会的活動の一端が、私たちの本に書かれているということです。

 

ところで、出版をお祝いして、なんとケーキが届きました。どうもありがとうございました。これはすごいです。表紙がそのままケーキに印刷されているのです!(もちろん食べられるインクです)

 

あまりの再現度に、スタッフはみんな驚き、どう切り分けるか若干悩みましたが、思いっきりの良いスタッフのケーキ入刀により、スタッフみんなで美味しくいただきました。

 

ごちそうさまでした!

お久しぶりです!

牛乳パック工作で、ピタゴラスイッチのコースをつくりましたよ!

ビー玉を何度も転がしコースを微調整!

ゴールの缶に落ちた時は嬉しかったどすっ♪(´ε` )

ひまわりでは、先日、浜名湖ウォークと題して、一泊二日かけて浜名湖一周を目指しました。


まずは、みんなで円陣を組んで気合いを入れて出発しました。


浜名湖の周りは風が吹くととても寒く、歩いているだけで吹き飛ばされそうでした。歩く速さはみんなそれぞれですが、後ろにいるメンバーを気にかけたり、大変そうなメンバーにおやつの差し入れをしたりしていました。

歩くのが大変な時には、手を繋いだり、みんなで歌を歌ったりしながら乗り切りました。途中で、ダダ第2のメンバーさんとも合流し、半日ほど一緒に歩きました。初めて話すメンバーさんもいて、お互い緊張もありましたが、一緒に貴重な体験ができてよかったです。

昼食は、ひまわりの応援部隊のメンバー達が作ってくれた豚汁とおにぎりを食べました。冷えた体に食べた豚汁はとってもおいしかったです。

1日目は約26㎞を8時間程かけて歩きました。あるスタッフの歩数計を見るとなんと、42,536歩という歩数に!!見たことない歩数計の数字にみんなでビックリしました。


宿泊施設に着くと、みんなでおやつを食べながらゴロゴロしました。「足が痛くてなんだか笑えてきた。」「こんな経験1人じゃ絶対できないよね。みんなでやるからできる。」といった感想がきかれました。

その後は、みんなでお風呂に入ったり、おやつを食べながらメンバーみんなで語り合ったりしながら、夜を過ごしました。


2日目の朝は、綺麗な日の出を見ることができました。「よし、いい朝だ!今日も歩くぞ!」っとみんなで意気込んで出発しようとした途端に、猛吹雪が……。

300m程歩きましたが、雪は止まず、泣く泣く中止となりました。残り半周は必ずみんなで歩いて、完歩を目指したいと思います!!

明けましておめでとうございます。

2017年、皆さんはどんな年明けを迎えられましたか?

ひまわりでは、新春らしい、楽しいイベントを…ということで、恒例の『餅つき大会』を開催しました🎍
昨年、ひまわりファームで丹精込めて育て、収穫した「小豆」を、年末年始のお休み返上で料理上手なスタッフが「こしあん」にしてくれました!

↑↑  収穫できた1.5kgの小豆を茹でて、つぶして、砂糖を混ぜて…2.5kgの餡子が出来たそう。すごーい✨
そして、「杵と臼」を使って、みんなで餅つきをしました💨

↑↑  米粒を7割程度つぶして、後の3割は杵でつくんだそうです。熱いうちにつかなきゃいけないので、時間との勝負!みんなで交代しながら餅つきをしました。
つきたてのお餅は、餡子を中に入れて大福のようにして食べたり、きな粉をかけたり、海苔を巻いたり…

用意された食材を使って、いろんな味を楽しみました♪
餡子がほどよい甘さで、一番人気だったかも⁈

本当はいろんな食べ方を写真に撮って紹介したかったんですが…あまりの美味しさに食べることに夢中になってしまい、写真を撮り忘れてしまいました💦すみません💦
今年もみんなと一緒にいろんな経験を重ね、楽しく過ごしていけたらと思っています。

今年もひまわりをよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます( ´ ▽ ` )

だんだんは年越し毎年恒例の三幸神社へ初詣に行って来ました!

寮生、センターメンバーで12月31日の23時半にだんだんを出て、トコトコ歩いて、、、

日付が変わる10分前に三幸神社へ到着しました♪

近所のみなさんと蛍の光を歌い、カウントダウン!

みんなであけましておめでとう!と言い合い、いざ福引へ!

なんと!だんだんは1番目に引くことに!!

ドキドキしながらみんなで見守り、

寮生のAくんが引いたくじは、なんと!

一等賞のお米(コシヒカリ)10kg!!!

みんなビックリ゚+。(*゚Д゚*)。+゚

Aくんのクジ運、凄すぎです!!

ハイタッチをして喜びました!!

その後はお参りをして、おみくじを引いて、まただんだんに向かってトコトコ帰りました≡3

本年もよろしくお願いいたします。