放課後グループ

放課後グループ

 こだわりが強くて友だちとうまくいかなかったり、仲良くしたいけれどどうしたら良いか分からない…そんな子どもたちをフォローするために、放課後のグループも開催しています。

ダダで開催されているグループ


グループ名:チーム134
対象: 学校には通っているが、友だちとうまくいかない子どもたち
曜日: 水曜日
時間: 13:00 ~ 16:00
頻度: 月2回(第2・4週)
スタッフ構成:精神保健福祉士1名、作業療法士1名
 外遊びや野外での活動を主に行っています。その中で、褒められたり、認められたりする事で、自分の存在を保証され、安心できる自分の居場所になっていきます。皆で火をおこしたり、かくれんぼをしています。



グループ名:スペード
対象: 学校へは通っているが、友だちとうまくいかない、特定の子とくっつくのが苦手な子どもたち
曜日: 木曜日
時間: 13:00 ~ 16:00
頻度: 月2回(第2・4週)
スタッフ構成:臨床心理士1名、指導員1名
 子どもたちがやりたいことを出し合って、次回のメニューを決めたりしています。以前は、自分のやりたいことが中心でしたが、最近は少しずつみんなで遊べるかを意識するようになってきています。

ダダ第2で開催されているグループ


グループ名:SSTグループ
対象: 小学校(通常学級)に通うお子さん
曜日: 金曜日
時間: 14:00 ~ 17:00
頻度: 月1回(第4週)
スタッフ構成:臨床心理士1名、指導員1名
 みんなと遊びたいけどうまく友達づくりができない、悪気はないのにトラブルになってしまう、学校で1人でいることが多く寂しい思いをしている、などのお子さんが対象です。メニューは仲間づくり、協力してのゲームや制作に加え、ソーシャルスキルトレーニング(SST)を取り入れて、人付き合いが明るく楽しくできるような内容を目指しています。