認知行動療法(CBT)外来のご案内

このようなことでお困りの方が主な対象です。ぜひ一度、ご相談下さい。

・手洗いや確認がやめられない。同じことを何度もしてしまう。

・苦手な場面を過度に避ける(電車や車に乗れない等)

・人の目が過度に気になる、対人緊張が強い


【対象の方】

※CBTの治療効果を上げるには、モチベーションの高さが必要です。患者様ご自身に症状を改善したい、生活を改善したいという意欲がある方を対象とさせて頂きます。ご本人様が受診に対して拒否的な場合はお受けできないことがありますので、あらかじめご了承下さい。

主な内容:強迫性障害、パニック障害、広場恐怖、社交不安障害、特定の恐怖症などでお困りの方。

 

ご参考までに具体例を挙げておきます。

 

【強迫性障害】手洗いやアルコール消毒を必要以上に行う、鍵やガスの元栓の開け閉めを繰り返す、ミスをしていないか確認をして仕事が進まない、頭のなかで確認をし続けて固まる、縁起の悪い数字を避けたりキリの良い数字にこだわる、人を傷つけたのではないか・悪いことをしたのではないかと気になる、ゴミに大事なものが混ざっていると思って確認を繰り返す/捨てられない、など。

【パニック障害、広場恐怖】動悸がして倒れそうになる、発作が怖く運転・電車に乗ること・外出を避ける、など。

【社交不安障害】人にどう思われているか気になる、対人緊張が強い、人前で手が震える、うまく話せない、人が集まる場所に行けない、など。

【その他】買い物しすぎる、ギャンブルやゲーム課金がやめられない、過食嘔吐する、書痙(字を書く時に手が震える)やコップを持つ手が震える、やめたい癖がある、など。

 

年齢:小学生以上の方。

 

【対象外の方】

一般的な悩み相談目的の方(ただ話を聞いて欲しい、金銭、夫婦、友人関係の悩みなど)。重度うつ病、統合失調症の方。自殺の危険性がある方、自傷の激しい方。


【場所】ダダ第2クリニックにて実施いたします。(※現在、浜北のダダ本院では行っておりません)

【料金】保険で対応いたします。 ただしすでに通院をされている医療機関から転院をされず、CBTのみ希望の場合は自費といたします。その際は50分5000円を頂きます。(時間や内容によって変更があります。)

【時間、期間】医師による初診30分、心理面接1回50分を基本とします。期間は12回を基本とし、12回終了時で継続か終了(ご紹介元への転院含む)を相談いたします。

【曜日】水曜日、金曜日。

【受診の流れ】ご本人(小中高生の場合は保護者でも可)から「CBT外来希望」のお電話をダダ第2クリニック受付(053-444-5010)に頂きます。受付にてCBT外来ご希望の確認を行った後、医師による診察を行います。診察にてCBT適用と確認された場合、担当心理士による面接が開始となります。

【担当者紹介】杉山恵一(臨床心理士)が担当いたします。

【連絡先】ダダ第2クリニック 053-444-5010

 

草原1