特徴

第2デイケアのスタイル

ダダ第2クリニックのデイケアでは、集団活動を通して、人としてのこころのふれあいや距離のとりかた、その他生活をするための基本を行っています。

また、それらの新しい経験を通じて、自分ができることを最大限に伸ばし、それぞれの社会復帰を目指していくことを目的に活動をしています。

そのために、スタッフには看護師・精神保健福祉士・作業療法士その他いろいろな社会経験を持つスタッフを揃え、こころの疾患を持ったメンバーさんが、より安定した日常生活を送れるようなサポートができるよう、努めています。



日常過ごすデイケア棟には、ステージにもなるような大きめの小上がりや、広いホールがあり、いろいろな行事だけでなく、音楽療法や軽スポーツ(卓球、バドミントンetc.)などの活動ができるようになっています。



みんなで食事ができるロビーや、食事を作るキッチン、就労に向けたトレーニングを行う喫茶スペースなどもあります。また、健康面を考えて「大人の食育」にも力を入れています。



ゆったり休むことのできる2つの和室や、小グループ・カラオケもできる小部屋スペースもあります。他には、男女別のロッカー兼更衣室、ジャグジー付きのお風呂もあります。



詳しいデイケア活動については、行事・メニューなどのページをご覧ください。