採用情報

浜松就職ナビ「JOBはま」に、最新の求人情報を掲載中です

 

※下記情報はご参考まで。最新の募集状況は上記「JOBはま!」をクリックしてください。


◎保育スタッフ募集(平成29年4月22日掲載)


児童精神科クリニックと児童発達支援・放課後児童デイサービスのスタッフを募集しています。

メンタルクリニック・ダダ(児童精神科クリニック)

親子療育の補助スタッフを募集しています。

①火曜日9:00~13:00

②木曜日9:00~13:00 月3回

③木曜日14:00~18:00 月2回

④土曜日9:00~12:00 13:00~17:00

時間は相談に応じます。

時給は、試用期間(3ヶ月)、900円スタートです。

さんぽみち 放課後児童デイサービス

 (1)放課後児童デイサービスの補助スタッフを募集しています。

月~金曜日 13:00~18:00

時間は相談に応じます。時給は試用期間(3ヵ月)、900円スタートです。

ダダ第2クリニック(児童精神科クリニック)

親子療育の補助スタッフを募集しています。

①火曜日8:30~12:30 月3~4回

②火曜日14:00~16:00 月2回

③木曜日15:00~17:30 月2回

時間は相談に応じます。時給は試用期間(3ヵ月)、その後900円スタートです。

◆保育士・幼稚園教諭(いずれも資格取得見込み)、その他関連領域の方の応募をお待ちしております。

◆ご希望によって、複数のところで勤務していただけます。実績により社員登用あり。

◆いずれも、面接・見学後、実習していただきます。

◆ご不明な点は、メールにて、お気軽にお問い合わせください。

◆ご希望の方は、メールにてご連絡ください。本文に

①お名前 ②職種・かんたんな職歴 ③連絡先電話番号 ④ご希望の勤務先・曜日・時間 ⑤その他

をお書きください。折り返し、ご連絡差し上げます。

お問い合わせ・お申込み先  dada_shushoku@yahoo.co.jp

担当 メンタルクリニック・ダダ 臨床心理士 濱島



◎心理士募集(平成29年4月22日掲載)


〇勤務条件:
1.常勤   若干名 週5日 時間外あり
2.非常勤 若干名 週3,4日勤務(応相談)
〇応募資格:
臨床心理士指定大学院を修了した者(来春資格取得見込み新卒者含む)
心理学部または関係領域を卒業した者
〇募集人数:若干名
〇勤務先:
浜松市浜北区中条1844  メンタルクリニック・ダダ
浜松市中区神田町503  ダダ第2クリニック
浜松市東区中郡町474  児童発達支援事業所・放課後デイサービスさんぽみち
(上記の内いずれか、または複数)
〇業務内容:心理療法…遊戯療法、カウンセリング
集団療法…乳幼児・小学生・中学生・青年のグループ
…デイケア・ナイトケア
…ペアレントトレーニング、認知行動療法等
心理査定…WISC,WAIS,ロールシャッハテスト,K式,描画等
児童発達支援および放課後デイサービス…療育,学習支援,集団遊び等
☆また、院内研修や、他機関との事例検討会・心理査定講習会等も多くあります。
〇待遇:給与・休日は当法人規定による
1.常勤  年二回4か月分賞与、諸手当有、労災・雇用・社会保険有
2.非常勤 通勤手当、労災保険有、勤務日数・時間により雇用保険・社会保険有
〇応募:電話連絡(平日9:00〜17:00)の上、問い合わせ先まで履歴書をお送りください。
後日面接日を通知いたします(インターネットでの応募・お問い合わせは受け付けておりません)。
〇問い合わせ先:
医療法人社団至空会 メンタルクリニック・ダダ事務室(受付担当:鈴木優太)(面接担当:濱島 努)
〒434-0043 静岡県浜松市浜北区中条1844 TEL:053-545-3443


 


◎精神科ソーシャルワーカー募集(平成29年4月22日掲載)


・正社員:精神科ソーシャルワーカー

・応募資格:精神保健福祉士または社会福祉士資格所持者(来春資格取得見込み新卒者含む)

・募集人数:若干名

・仕事の内容:相談業務(勤務地によって多少異なります)

・待遇:給与・休日等は当法人規定による

・応募:電話連絡(平日9:00〜17:00)の上、問い合わせ先まで履歴書をお送りください。後日面接日を通知いたします。(インターネットでの応募・お問い合わせは受け付けておりません)

・問い合わせ先:

医療法人社団至空会 多機能型事業所だんだん(受付担当:澤井)

〒433-8101 静岡県浜松市北区三幸町201-4

TEL 053-420-0802 FAX 053-420-0814


※その他、精神科関連、保育関連の有資格者も随時募集しております。ご興味のある方は、法人本部までお問い合わせください。

 


リクルート活動に関するQ&A


○どの領域を募集していますか?
至空会は、児童精神科をベースにした精神科診療所・デイケア・訪問看護・心理療法と、精神障害の方の生活や就労、発達障害の子どもたちを支援する福祉施設で構成されています。よって、基本的には精神科が中心の領域になりますが、発達障害や地域医療福祉の領域も含まれます。介護施設などはありませんが、高齢の利用者様も増えてきており、学校で学んだ様々な知識は活かされることが多くあります。

 

○どのような職種の方がいますか?
医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、臨床心理士、保育士、音楽療法士、指導員、就労支援員、シェフ、デイケアプログラムの外部講師(華道、エアロビ、農作業etc)などたくさんいます。総勢約200名(うち常勤約100名弱)が職種にこだわらず、利用者様のためになることを何よりも考えて行動する職員の集合体です。

 

○なぜ「こども」なのですか?
私たちは赤ちゃんの「育ち」の過程に生き方や対人関係の基本があると考えています。社会復帰や治療的関わりも「育ち直し」であり、母子関係や基本的安心感などを重視した、程良い厳しさと救いのある受容的な愛着の形成を目指しています。子どもだけでなく大人の方の支援においても、生育歴からの見立てを大切にしています。

 

○参考になる書籍はありますか?
小倉清先生の「子どものこころーその成り立ちをたどる」(慶應義塾大学出版会)をお薦めします。また、至空会では平成29年1月に金剛出版より「地域における多機能型精神科診療所実践マニュアル―乳幼児から成人までの地域包括ケアシステムを目指して」を上梓しました。至空会が大切にしていること、取り組みの詳細などをまとめた書籍です。

 

○職場の雰囲気はどうですか?
一言で表現すると、個性的な職員がワイワイガヤガヤとやっている商店街です。大家族的な雰囲気で、人情味で仕事をしています。施設が離れていても、利用者様のためなら「一肌脱ぎますよ」と力を合わせて問題の解決に取り組んでいます。

 

○どんな人が求められますか?
思いつきの支援ではなく、人間に対して深みのある支援ができるようになることです。人とは何か、生きていくこととは、など人間の「育ち」を理解した上での支援です。しかし、最初からそれは難しいので、利用者様と向かい合う日々の中で、学んでいける人です。また、利用者様にとって良いと思えることを、既存の枠にとらわれず、積極的に進めていける人です。

 

○研修制度は充実していますか?
各施設では毎週のように症例検討を行っており、法人全体でも院内勉強会を頻繁に開催しています。また、地域の多職種が集まる勉強会など当法人が主催や協力をしているものもあり、多くの職員が参加しています。様々な全国学会も、出張扱いで参加できるようになっています。各職種とも学会発表を積極的に行っており、シンポジストとしてお声がかかることもあります。職能団体による研修への参加も奨励しています。

 

○新人研修の内容は?
新人研修は、4月いっぱい全施設を1週間のローテーションで廻ります。その後、1~2年目を対象とした研修が定期的に行われ、
各職場・各職種のベテラン職員による講義学習があります。その他、OJTなどを通し先輩がフォローしながら新人育成を行っています。自主学習ができるよう、資料等のデータ配信も行っています。新人には院内外の研修に積極的に参加できるよう配慮しています。全職員を対象とした定期研修でも、先輩に交じって新人職員が考えを深められるような内容の組み立てをしています。

 

○職場内の委員会活動はありますか?
組織向上委員会では、院内研修の内容づくりや、各職場間の連携を意識した話し合い、今後の組織についての話し合いなどを行っています。ホームページ委員会では至空会ホームページのコンテンツ整理や更新などを行っています。納涼祭実行委員会では、夏祭りの企画運営を行っています。衛生委員会では、第一種衛生管理者が看護師と協力し、健康診断やストレスチェックのコーディネート、職場の安全衛生推進などを行っています。

 

○対外的な地域社会貢献活動はしていますか?
様々な職種が、行政機関の委員を引き受けたり、地域住民や民生委員などと協力して協議会を運営したりということをしています。また、私たちが利用者様の支援において行っているアセスメントの基本的な考え方や方法について、症例検討会を通して、教育・保育関係者の方にお伝えしていくような取り組みも積極的に行っています。本業である医療福祉と社会貢献は不可分なものですが、あくまでも本業を活かした形での地域社会への貢献活動を意識しております。

 

○福利厚生はどうなっていますか?
各種社会保険が完備されており、家賃・通勤補助などもあります。賞与及び昇給もあります。寮や保養所はありませんが、毎年、職員旅行があります。数年前は海外(台湾)でした。昨年は沖縄旅行を楽しみました。多くの職員が参加を楽しみにしています。

 

○職員の健康管理はどうですか?
健康診断およびストレスチェックを実施し、職員の健康管理や職場の衛生管理に取り組んでいます。第一種衛生管理者の有資格者を配置し、定期的に開かれる全体会議の席上では、衛生委員会からの活動報告も実施しています。

 

○職場内のサークルはありますか?
公認サークルとして何か部があるというわけではありませんが、駅伝やマラソンに法人内の有志が集いチームを作って出場したりしています。音楽祭や施設行事が近づくと、有志でバンドが結成されたり、いろいろなところで同じ趣味を持つ者が業務を超えて集まっています。

 

○休日はどうなっていますか?
完全週休2日制です。施設によっては休日出勤をし平日休暇という場合もあります。その他、祝祭日や夏季・冬季に1週間程度の休暇があります。

 

○職場見学はできますか?
OB・OGがいなくても、ぜひ見学にお越しください。集団見学会などは、職種により行っています。

 

○子育てでブランクがありますが大丈夫でしょうか?
多様なご経験を積まれたと思われます。ぜひそれを活かした形で私たちと一緒に働きましょう。

 

○子育てとの両立は可能でしょうか?
勤務体系は柔軟にご相談に応じます。キャリアアップの段階で、正社員登用という道もあります。

 

○選考はどのように行われますか?
職種によって多少異なりますが、基本的にまずは履歴書を提出していただき、2〜3日間の現場実習を行います。その後、採用面接という流れです。