6/18(水)口述発表

 

ページ1

page 1

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 SS SS ペシャルセッション0 1 スペシャルセッション0 1 評価手法の検討 評価手法検討 SS 1-1 SS 1-1 Mlambo, Tecla Mlambo、テクラ Evaluation of the content validity of the Detroit Tests of Learning Aptitudes fourth edition (DTLA-4) on the Zimbabwean primary school children. ジンバブエの小学生の学習適性第四版のデトロイトテスト(DTLA-4)の内容の妥当性の評価。
4 4 SS 1-2 SS 1〜2 Fristedt, Sofi Fristedt、ソフィ Reliability of the Swedish Translation of the Australian Therapy Outcome Measures for Occupational Therapy (AusTOMs-OT-S) 作業療法のためのオーストラリアの治療のアウトカム指標のスウェーデン語翻訳の信頼性(AusTOMs-OT-S)
5 5 SS 1-3 SS 1-3 Van de Velde, Dominique ヴァン·デ·ヴェルデ、ドミニク Measuring participation based on the subjective experiences of individuals. 個人の主観的な経験に基づいて参加を測定する。 Psychometric properties of the Ghent Participation Scale. ゲントの参加規模の心理的特性。
6 6 SS 1-4 SS 1-4 Maciver, Donald マッキーバー、ドナルド Validating the Model of Human Occupation Screening Tool Single Observation Form (MOHOST-SOF) in mental health メンタルヘルスの工具つの観測フォーム(MOHOST-SOF)をスクリーニング人間職業のモデルを検証
7 7 SS 1-5 SS 1-5 Schwartz, Yifat シュワルツ、Yifat D e v e l o pm e n t a n d V a lid a t i o n o f a C o g n i t iv e – F u n cti o n a l A s s e s s m e n t T o o l: L o e w e n s t e in O c c u p a t i o n a l T h e r a py C o g n i t ive A s s e s s m e n t – F u n cti o n a l ( L O T C A –
F) F)
8 8 SS 1-6 SS 1-6 Di Rezze, Briano ディRezze、Briano The Development and Validation of the Paediatric Rehabilitation Observational Measure of Fidelity (PROF) フィデリティの小児リハビリテーション観測尺度の開発と検証(PROF)
9 9 1 0 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 0:3 0 – 1 2:3 0 SS SS ペシャルセッション0 2 スペシャルセッション0 2 研究法 研究法 SS 2-1 SS 2-1 Imms, Christine IMMS、クリスティン A longitudinal study of the participation of young people with cerebral palsy. 脳性麻痺の若者の参加の縦断的研究。
10 10 SS 2-2 SS 2-2 McGrath, Margaret マクグラス、マーガレット Practices of Ageing in Place: A thematic synthesis of qualitative research 場所で高齢化の実践:質的研究のテーマ別の合成
11 11 SS 2-3 SS 2〜3 Lannin, Natasha Lannin、ナターシャ A randomized controlled trial of the clinical effectiveness of intensive therapy after Botulinum Toxin-A in people with spasticity. 痙縮を持つ人々のボツリヌス毒素Aの後集中治療の臨床的有効性のランダム化比較試験。
12 12 SS 2-4 SS 2-4 Van ‘t Leven, Netta リーベン、Nettaトンバン’ Psychosocial interventions for community-dwelling people with dementia and their family caregivers: a systematic review 系統的レビュー:地域在住認知症患者とその家族介護者のための心理社会的介入
13 13 SS 2-5 SS 2-5 Zingmark, Magnus Zingmark、マグナス E ffic a cy o f i n divid u a l a n d gr o u p o c c u p a t i o n a l t h e r a py i n t e rv e n t i o n s f o r comm u n i t y d w e lli n g o ld e r p e o ple a s i n gle bli n d, f o u r – gr o u p, r a n d o mi z e d
co n t r o ll e d t ri a l CO N T R O LL E D TロードアイランドL
14 14 SS 2-6 SS 2-6 Grant, Mary I. グラント、メアリーI. Stroke Specific Vocational Rehabilitation: A Feasibility Randomised Controlled Trial 脳卒中特定の職業リハビリテーション:フィージビリティランダム化比較試験
15 15 SS 2-7 SS 2-7 Prior, Susan 以前は、スーザン Participatory Action Research Evidence Based Redesign of Vocational Rehabilitation Services 職業リハビリテーションサービスの参加型アクションリサーチのエビデンスに基づく再設計
16 16 SS 2-8 SS 2-8 Naidoo, Pragashnie ナイドウ、Pragashnie Consensus on Hypotonia via Delphi Process Delphiのプロセスを介して筋緊張低下に関する合意
17 17 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 SS SS ペシャルセッション0 3 スペシャルセッション0 3 実践力の開発 実践力の開発 SS 3-2 SS 3-2 Jones, Janice ジョーンズ、ジャニス A qualitative study exploring how occupational therapists address spirituality in their practice 作業療法士が自分の練習に精神性に対処する方法模索質的研究
18 18 SS 3-3 SS 3-3 Galvin, Danika ガルビン、ダニカ Cultivating a human rights culture for occupational therapy practice 作業療法の実践のための人権文化の醸成
19 19 SS 3-4 SS 3-4 Penman, Merrolee ペンマン、Merrolee Virtual and face-to-face learning communities exploring their value in building teaching and learning capacity among occupational therapy academics. 仮想および対面学習コミュニティの建物教育に価値を模索し、作業療法学者の間で容量を学ぶ。
20 20 SS 3-5 SS 3-5 Verhoef, Joan Verhoef、ジョアン Measuring Evidence-Based Practice competencies of occupational therapy students 作業療法学生のエビデンスに基づく実践的能力を測定する
21 21 SS 3-6 SS 3-6 Vroman, Kerryellen フローマン、Kerryellen How Ready Are First Year Occupational Science Students to be Self-Directed Efficacious Learners? 準備が整いました初年度作業科学学生が主体的に有効で学習者になる方法?
22 22 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 1 発达障害1から1 身体障害児の参加 身体障害児参加 CH 1-1-1 CH 1-1-1 神保 武則 神保武则 麻痺の改善につながった脳室周囲白質軟化症児 麻痺の改善につながった脳室周囲白質軟化症児
23 23 CH 1-1-2 CH 1-1-2 Pikur, Barbara Pikur、バーバラ Parents play a crucial role in enabling social participation of their children with a physical disability 両親は、物理的な障害のある子どもの社会参加を実現する上で重要な役割を果たしている
24 24 CH 1-1-3 CH 1-1-3 Rider, Barbara ライダー、バーバラ The use of therapeutic tricycles in a home setting ホーム設定での治療三輪車の使用
25 25 CH 1-1-4 CH 1-1-4 Lidstrom, Helene リドストロム、ヘレン Participation in computer activities in school and outside school 学校で、学校外のコンピュータの活動への参加
26 26 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 2 発达障害1から2 評価と介入1 評価と介入1 CH 1-2-1 CH 1-2-1 田中 栄一 田中栄一 デュシェンヌ型筋ジストロフィーによる重度運動機能障害のある人への作業療法
27 27 CH 1-2-2 CH 1-2-2 Bar-Haim Erez, Asnat バーハイムErezさん、Asnat Measuring preception of quality of life within individuals with Intellectual Developmental Disability and Autism Spectrum disability 知的発達障害や自閉症スペクトラム障害を持つ人々の中に生活の質のpreceptionを測定
28 28 CH 1-2-3 CH 1-2-3 Hemmingsson, Helena Hemmingsson、ヘレナ Parent child agreement in health related assessments 健康関連の評価に親子契約
29 29 CH 1-2-4 CH 1-2-4 Rihtman, Tanya Rihtman、ターニャ A cross-cultural collaboration for identifying motor delay in young preschoolers 若い幼児の運動遅延を識別するための異文化コラボレーション

page 2ページ2

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 3 発达障害1から3 学校O Tとヘルスプロモーション 学校のO、Tとヘルスプロモーション CH 1-3-1 CH 1-3-1 Leigh, Iris リー、アイリス Take Action when you Suspect a Child is being Bullied あなたは子供がいじめられていると思ったら行動を起こす
4 4 CH 1-3-2 CH 1-3-2 Cox, Allison コックス、アリソン Play Matters: Schoolyard Participation Project 事項を再生する:校庭参加プロジェクト
5 5 CH 1-3-3 CH 1-3-3 Bundy, Anita バンディ、アニタ Occupational Therapy as a Means to Promote Health in All Children すべての子どもに健康を促進するための手段として、作業療法
6 6 CH 1-3-4 CH 1-3-4 Hasselbusch, Andrea Hasselbusch、アンドレア Exploring occupational therapy in primary schools 小学校での作業療法を探る
7 7 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 発達障害1 – 4 発达障害1から4 子どもの参加支援1 子どもの参加支援1 CH 1-4-1 CH 1-4-1 佐治 暢 佐治畅 在宅における重度心身障害児のコミュニケーション支援 在宅における重度心身障害児のコミュニケーション支援
8 8 CH 1-4-2 CH 1-4-2 Balid, Stephanie Ann Balid、ステファニー·アン T h e R o le o f O c c u p a t i o n a l T h e r a py n in t h e J u v e n ile J u s t ice S y s t e m in t h e P h ilippi n e s : T h e s u mm a ry o f t h r e e s t u di e s d o n e o n t h e C h ildr e n in C o n flict w i t h
t h e L a w in M e t ro M a n ila M eはroの中のt wの時間のt eはL aは、n個のILAをM
9 9 CH 1-4-3 CH 1-4-3 Nobakht, Zahra Nobakht、ザーラ Environmental barriers to participation of children with cerebral palsy 脳性麻痺児の参加への環境の障壁
10 10 CH 1-4-4 CH 1-4-4 Santoso, Tri Budi Santoso、トライBudi Occupational Therapy Program at Mandiri Karim Autism Boarding House Jakarta, Indonesia ハウスジャカルタ、インドネシア搭乗マンディリカリム自閉症の作業療法プログラム
11 11 CH 1-4-5 CH 1-4-5 Dhas, Brightlin DHAS、Brightlin Inter-professional collaboration during implementation of Computer Access Technology for a Pre-Schooler with Athetoid Cerebral Palsy A Case Report アテトーゼ型脳性麻痺事例報告とのプレ学生はのためのコンピュータアクセス技術の実装時に異業種間のコラボレーション
12 12 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 発達障害1 – 5 発达障害1から5 評価と介入2 評価と介入2 CH 1-5-1 CH 1-5-1 池田 歩 池田歩 重度心身障害児・者を対象とした大脳性視覚障害重症度評価スケールの信頼性・妥当性の検討
13 13 CH 1-5-2 CH 1-5-2 清水 順市 清水顺市 視覚障害児に対する小児用白杖導入に関する研究 視覚障害児に対する小児用白杖導入に関する研究
14 14 CH 1-5-3 CH 1-5-3 Howe, Tsu-Hsin ハウ、津、シン Parenting stress in families with very low birth weight infants in the first two years 最初の2年間で極低出生体重児を持つ家族のストレスを子育て
15 15 CH 1-5-4 CH 1-5-4 Lin, Chung-Ying 林、チョン·英 The Impact of Self-Adaptation on Weight Stigmatization in Overweight Children 太りすぎの子供の体重スティグマに対する自己適応の影響
16 16 CH 1-5-5 CH 1-5-5 Chen, Yan-Yu 陳、ヤン·ユー Relationship between Postural Control and Fine Motor Skills in Preterm Infants at 6-Month Adjusted Age 6ヶ月調整後の年齢で早産児における姿勢制御と微細運動スキルとの関係
17 17 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 6 発达障害1から6 知的障害のある子ども 知的障害ある子ども CH 1-6-1 CH 1-6-1 Whitney, , Rondalyn ホイットニー、Rondalyn Emotional Disclosure through Journal Writing for ASD, SPD and ADHD: ASD、SPDとADHDのジャーナル執筆を通して感情的開示:
18 18 CH 1-6-2 CH 1-6-2 Nasser, Kareem ナセル、カリーム Exploring Parental Role within Social and Cultural Contexts among Parents of Persons with Intellectual Disabilities Living in Residential Facilities 居住施設での生活知的障害者の保護者の間で社会的および文化的背景の中に親の役割を探る
19 19 CH 1-6-3 CH 1-6-3 Chang, Chia-Yu チャン、嘉-ユ The lifelong ADL and IADL performance of the middle-aged adults with intellectual disability in community コミュニティの知的障害中年成人の生涯ADLやIADLパフォーマンス
20 20 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 7 発达障害1から7 評価と介入3ーC Pを中心に( 1 )ー 評価と介入3ーC、Pを中心に(1)ー CH 1-7-1 CH 1-7-1 Geerdink, Yvonne Geerdink、イヴォンヌ Effectiveness of a short-intensive CIMT-BiT group intervention for children and adolescents with unilateral spastic cerebral palsy 一方的な痙性脳性小児および青年のための短期集中的なCIMTビットのグループ介入の有効性
21 21 CH 1-7-2 CH 1-7-2 Borgestig, Maria Borgestig、マリア Gaze performance and usage of gaze-based AT in daily activities by children with severe physical impairments -changes over time 時間をかけて身体障害、変化、重度の小児で、日々の活動における視線基づいてのパフォーマンスと使用状況を注視
22 22 CH 1-7-3 CH 1-7-3 Law, Mary 法律、メアリー Improving the Participation of Youth with Physical Disabilities in Community Occupations: An Evaluation 評価:コミュニティ職業に身体障害青少年の参加を向上
23 23 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 8 発达障害1から8 E B Pの諸相1 E、B、Pの諸相1 CH 1-8-1 CH 1-8-1 Kaur OTR/L, Kamalpreet KaurさんOTR / L、Kamalpreet C o n s t r a i n t F a ct o r Fic t i o n ? A pplic a t i o n o f Diff e r e n t M e t h o ds o f C o n s t r a i n t w i t h No C o n s t r a i n t in Upp e r L imb F u n cti o n in M o d e r a t e ly S p a s t ic H e mipl e gic
C e r e br a l P a l s y C h ildr e n L PはL、S、Y C型時間ildr EはN BRのCのE R E
24 24 CH 1-8-2 CH 1-8-2 Polatajko, Helene J. Polatajko、ヘレンJ. Measuring Childhood Occupational Development: Test Construction 小児職業開発の測定:テスト建設
25 25 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 9 発达障害1から9 A D L・身体機能 開発L·身体机能 CH 1-9-1 CH 1-9-1 Gantschnig, Brigitte Gantschnig、ブリジット Detecting Differences in ADL Performance Between Children With and Without Mild Disabilities 軽度障害者とない子の間のADLパフォーマンスの違いを検出する
26 26 CH 1-9-2 CH 1-9-2 Kolehmainen, Niina コレマイネン、新名 I n cr e a s i n g p a r t icip a t i o n in p h y s ic a l pl a y in c h ildr e n w i t h m o t o r imp a irm e n t s : a s t u dy t o d e v e l o p a t h e o ry- a n d e vid e n c e – b a s e d o c c u p a t i o n a l t h e r a py
i n t e rv e n t i o n I N T EはRVのE N T I N O
27 27 CH 1-9-3 CH 1-9-3 Owen, Christine オーウェン、クリスティン Developing a care pathway for children with Developmental Co-ordination disorder 発達コーディネーション障害を持つ子どものためのケア経路を開発
28 28 CH 1-9-4 CH 1-9-4 Halayko, Janine Halayko、ジャニーン Teaching two-wheeled cycling to children with a mild cognitive disability 軽度の認知障害を持つ子供たちに二輪サイクリングを教える

page 3ページ3

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 1 0 発达障害1から1 0 評価と介入4 -課題・行動・認知ー 評価と介入4 -课题·行动·认知ー CH 1-10-1 CH 1-10-1 ten Velden, Marjon 10ベルデン、Marjon Enhancing the Child Occupational Self Assessment (COSA): Creating a meaningful and culturally appropriate Self Assessment for youth 児童労働自己評価(COSA)の向上:青少年のための意味のある、文化的に適切な自己評価の作成
4 4 CH 1-10-2 CH 1-10-2 Chen, Szu-Fan 陳、SZU -ファン Deficits of Executive Functions among Youths with Autism Spectrum Disorders: the Effect of Task Difficulty 自閉症スペクトラム障害を持つ若者の間で執行機能の赤字:タスク難易度の影響
5 5 CH 1-10-4 CH 1-10-4 Traub Bar-Ilan, Ruthie Traubのバー·イラン、ルーシー The functional outcomes and participation of children with learning disabilities, with and without Developmental Dyspraxia 発達統合運動障害とない学習障害の機能的転帰と子どもの参加、
6 6 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 1 1 発达障害1から1 1 連携の諸相 連携の諸相 CH 1-11-1 CH 1-11-1 Ahmadizadeh, Zahra Ahmadizadeh、ザーラ What factors are associated with the Quality of Life of Iranian women who have a child with Cerebral Palsy? どのような要因は、脳性麻痺の子供を持っているイラン人の女性の生活の質に関連している?
7 7 CH 1-11-2 CH 1-11-2 Floothuis, Monique CSG Floothuis、モニークCSG Interprofessional collaboration in a vocational program 職業プログラム内の職種間の連携
8 8 CH 1-11-3 CH 1-11-3 Susan, Magasi スーザン、Magasi “They should stop calling it healthcare…because they don’t care”: A qualitative study examining the healthcare experiences of people with disabilities 障害者のヘルスケアの経験を調べる定性調査を、「彼らは気にしないので、彼らは…ヘルスケアITを呼び出して停止する必要があります」
9 9 CH 1-11-4 CH 1-11-4 Choy, Mian Yee チョイ、ミアン·イー Transition from preschool to Primary 1: how do parents and teachers prepare for this? 就学前からの一次1への移行:どのように親や教師は、このために準備しますか?
10 10 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害1 – 1 2 発达障害1から1 2 評価と介入5 -社会心理的側面ー 評価と介入5 -社会心理的側面 ​​ー CH 1-12-1 CH 1-12-1 Todorova, Liliya A. Todorova、Liliya A. Validity Evidence for the Bulgarian Translation of the Child Occupational Self Assessment 児童労働自己評価のブルガリア語翻訳の有効証拠
11 11 CH 1-12-2 CH 1-12-2 Wilkes-Gillan, Sarah ウィルクス-ギラン、サラ The Ultimate Guide to Making Friends: Evaluation of a parent-delivered play-based intervention for children with ADHD 友達を作るに究極のガイド:ADHDの子供のための親納入プレイベースの介入の評価
12 12 CH 1-12-3 CH 1-12-3 Wiggin, Mitzi ウィギン、ミッツィ Factors Predisposing Infants 0-6 Months to Aspiration 乳児の吸引に0-6ヶ月の素因
13 13 CH 1-12-4 CH 1-12-4 Gretschel, Pam Gretschel、パム T h e pr o c e s s o f k n o w l e dge t r a n s l a t i o n in t h e d e s ign a n d impl e m e n t a t i o n o f a n o c c u p a t i o n a l t h e r a py i n t e rv e n t i o n f o r c a r e giv e rs o f c h ildr e n w h o a re H I V
p o s i t ive のP O S I Tはアイブ
14 14 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 革新と挑戦1 – 1 革新と挑戦1から1 評価法の開発1 評価法の開発1 CI 1-1-1 CI 1-1-1 Andersson, Erika アンダーソン、エリカ The Utilization of Clinical Assessment of Modes Questionnaire, Therapist version Occupational Therapists perspectives モードアンケートの臨床評価の活用、セラピストバージョン作業療法士の視点
15 15 CI 1-1-2 CI 1-1-2 志茂 聡 志茂聡 患者立脚型評価法の記入時間および計算時間の検討 患者立脚型評価法の記入時間および計算時間の検討
16 16 CI 1-1-3 CI 1-1-3 Van der Wijst, Elien ファンデWijst、Elien Suitability of the Montreal Cognitive Assessment as a screening tool to identify people with dysfunction in occupational performance after mild stroke. 軽度の脳卒中後の作業遂行機能障害を持つ人々を識別するためのスクリーニングツールとしてモントリオール認知評価の適切性。
17 17 CI 1-1-4 CI 1-1-4 Toglia, Joan Toglia、ジョアン A New Performance Measure of Executive Function: Cross- Cultural Comparison 実行機能の新しいパフォーマンス測定:異文化の比較
18 18 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 革新と挑戦1 – 2 革新と挑戦1から2 システィブテクノロジーの諸相 アシスティブテクノロジーの諸相 CI 1-2-1 CI 1-2-1 野口 裕美 野口裕美 介助犬と生活することによって獲得された心理社会的効果 介助犬と生活することによって獲得された心理社会的効果
19 19 CI 1-2-2 CI 1-2-2 中川 翔次 中川翔次 マウススティックユーザー対応PCキーボードスタンドの開発と有効性の検証
20 20 CI 1-2-3 CI 1-2-3 三崎 一彦 三崎一彦 脳炎後四肢麻痺患者の移乗動作に対するスライディングシートの応用 脳炎後四肢麻痺患者の移乗動作に対するスライディングシートの応用
21 21 CI 1-2-4 CI 1-2-4 木下 崇史 木下崇史 重度肢体不自由者用ロボットアームの有効性の検証 重度肢体不自由者用ロボットアームの有効性の検証
22 22 CI 1-2-5 CI 1-2-5 Zingerevich, Chaya Zingerevich、茶屋 Internet Virtual Reality Games as a therapeutic intervention for Children with Autism 自閉症児のための治療的介入としてのインターネットバーチャルリアリティゲーム
23 23 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 革新と挑戦1 – 3 革新と挑戦1から3 評価法の開発2 評価法の開発2 CI 1-3-1 CI 1-3-1 Bar-Shalita, Tami バーShalita、タミ Does Sensory Modulation Disoeder (SMD) hurt? 感覚変調Disoeder(SMD)が痛みますか?
24 24 CI 1-3-3 CI 1-3-3 Sorita, Eric Sorita、エリック Performance analysis of Adults with Acquired Brain Injury making errands in a virtual supermarket 後天性脳損傷は、仮想スーパーマーケットで用事を作ると大人の性能解析
25 25 CI 1-3-4 CI 1-3-4 津曲 優子 津曲优子 fMRIを用いた目的地誘導刺激に対する脳活動の比較 fMRIのを用いた目的地誘導刺激に対する脳活動の比較
26 26 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 革新と挑戦1 – 4 革新と挑戦1から4 評価法の開発3 評価法の開発3 CI 1-4-1 CI 1-4-1 Liu, Lili 劉、リリー Acceptance of new technologies by rehabilitation therapists リハビリテーションセラピストによる新技術の受け入れ
27 27 CI 1-4-2 CI 1-4-2 Connor, Lisa コナー、リサ Schultz Lifestyle Profile Series Instrument: Psychometric Properties and Relationship with Activity Participation シュルツライフスタイルプロフィールシリーズ測定器:心理特性と活動への参加との関係
28 28 CI 1-4-3 CI 1-4-3 Cooper, John R. クーパー、ジョン·R The new Model of Human Occupation Exploratory Level Outcome Ratings (MOHO-ExpLOR) 人間の職業探索レベルアウトカム定格(モホ-EXPLOR)の新モデル
29 29 CI 1-4-4 CI 1-4-4 佐野 伸之 佐野伸之 リハビリテーションに関する達成動機尺度(SAMR)の開発 リハビリテーションに関する達成動機尺度(SAMR)の開発

page 4ページ4

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 連携1 – 1 连携1から1 連携とO Tの役割 連携とO、Tの役割 CO 1-1-1 CO 1-1-1 青木 佑介 青木佑介 摂食・嚥下障害に対するtransdisciplinary team approachにおける作業療法士の役割 摂食·咽下障害に対する学際チームアプローチにおける作業療法士の役割
4 4 CO 1-1-2 CO 1-1-2 三上 直剛 三上直刚 地域包括支援センターと派遣型作業療法の支援 地域包括支援センターと派遣型作業療法の支援
5 5 CO 1-1-4 CO 1-1-4 Venkataraman, Saraswathy ベンカタラマン、Saraswathy U n d e r s t a n di n g ri s k f a ct o rs f o r i n j u ri e s a m o n g s t t h e e ld e rly p o p u l a t i o n in l o n g – t e rm n u r s i n g c a re f a cili t i e s a n d s h e l t e r h o m e s in t h e K l a n g V a ll e y in
M a l a y s i a . M A L A Y S I A。
6 6 CO 1-1-5 CO 1-1-5 Bjork, Evastina ビョーク、Evastina A Nordic Charter for Universal Design ユニバーサルデザインの北欧憲章
7 7 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加1 – 1 地域·参加1から1 地域における活動参加支援1 地域における活動参加支援1 CP 1-1-1 CP 1-1-1 蜂谷 亮子 蜂谷亮子 ピアサポーターの養成と活動支援 ピアサポーターの養成と活動支援
8 8 CP 1-1-2 CP 1-1-2 Loubani-Hawaita, Khawla Loubani-Hawaita、ハウラ Functional needs and participation in daily living activities of working women with Breast Cancer. 機能的なニーズや乳がんの働く女性の日常生活活動への参加。
9 9 CP 1-1-3 CP 1-1-3 竹田 徳則 竹田徳则 うつ状態にある地域在住高齢者の趣味活動 うつ状態にある地域在住高齢者の趣味活動
10 10 CP 1-1-4 CP 1-1-4 Wu, Chinyu 呉、Chinyu Activity Participation of Community-dwelling Individuals with Schizophrenia: North Carolina, USA and Taiwan 統合失調症と地域在住の個人の活動参加:米国ノースカロライナ州、台湾
11 11 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 地域・参加1 – 2 地域·参加1から2 地域における活動参加支援2 地域における活動参加支援2 CP 1-2-1 CP 1-2-1 中村 泰久 中村泰久 若年統合失調症者の離職予測因子に関する研究 若年統合失調症者の離職予測因子に関する研究
12 12 CP 1-2-2 CP 1-2-2 貝梅 由恵 贝梅由恵 高次脳機能障害支援普及事業支援拠点病院と就労支援機関の協働による高次能機能障害者のグループ訓練実施に向けた取り組み
13 13 CP 1-2-4 CP 1-2-4 Horghagen, Sissel Horghagen、シセル Implementation of research to make changes for disabled students in higher education 高等教育における障害学生のための変更を行う研究の実施
14 14 CP 1-2-5 CP 1-2-5 Magnus, Eva マグナス、エヴァ Individual accomodation as a challenge in higher education 高等教育における課題など、個々の宿泊施設
15 15 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 地域・参加1 – 3 地域·参加1から3 地域における活動参加支援3 地域における活動参加支援3 CP 1-3-1 CP 1-3-1 秋山 尚也 秋山尚也 高次脳機能障害地域支援ネットワークシステム 高次脳機能障害地域支援ネットワークシステム
16 16 CP 1-3-2 CP 1-3-2 小野山 絢香 小野山绚香 脳血管疾患患者の退院前家屋評価におけるイギリス作業療法学生のEvidence-based practiceへの認識 練習への認識
17 17 CP 1-3-3 CP 1-3-3 Barclay, Linda バークレー、リンダ SOCIAL AND COMMUNITY PARTICIPATION FOLLOWING SPINAL CORD INJURY: BARRIERS AND FACILITATORS 脊髄損傷後社会やコミュニティの参加:バリアおよびファシリテーター
18 18 CP 1-3-4 CP 1-3-4 D’Cruz, Kate D’クルス、ケイト Emphasizing the person in person centred practice: Client perspectives in brain injury rehabilitation. 脳損傷リハビリテーションにおけるクライアントの視点:個人を中心に実際に人を強調。
19 19 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加1 – 6 地域·参加1から6 地域における活動参加支援4 地域における活動参加支援4 CP 1-6-1 CP 1-6-1 Berg, Christine ベルク、クリスティン Assessing participation during transition to young adulthood: The Adolescent and Young Adult Participation Sort (AYAPS) 青年期への移行の際に参加を評価する:青年およびヤングアダルトの参加をソート(AYAPS)
20 20 CP 1-6-2 CP 1-6-2 Donelly, Michelle Donelly、ミシェル A Good Life: The personal networks of people with a developmental disability グッドライフ:発達障害を持つ人々の人的ネットワーク
21 21 CP 1-6-3 CP 1-6-3 Morville, Anne-Le Morville、アン·ル Occupational performance amongst asylum seekers in Denmark デンマークの亡命希望者の中で作業遂行
22 22 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加1 – 7 地域·参加1から7 地域に根ざしたO T 2 地域に根ざしたO、T 2 CP 1-7-1 CP 1-7-1 Chen, Wan-Yin チェン、ワン·殷 Determinants for utilization of home-based rehabilitation services 在宅リハビリテーションサービスの利用のための決定要因
23 23 CP 1-7-2 CP 1-7-2 Christie, Dee クリスティ、ディー ‘Reablement’ a new innovation or core occupational therapy? 「Reablement ‘新しい技術革新やコア作業療法?
24 24 CP 1-7-3 CP 1-7-3 Lin, Tsai-Wei 林、ツァイ偉 Factors related to effectiveness of home occupational therapy for elders offered by long term cares in the rural area in Kaohsiung Taiwan 長期的で提供される年長者のためのホーム職業療法の有効性に関連する要因は、高雄、台湾の農村地域に気遣う
25 25 CP 1-7-4 CP 1-7-4 Teoh, Jou Yin Teohさん、城之内陰陽 LIVED EXPERIENCES AND OCCUPATIONAL NEEDS OF VISUALLY CHALLENGED ADULTS LIVING IN MALAYSIA 経験とマレーシアに住む目の ​​不自由な成人の職業ニーズに住んでいた
26 26 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加1 – 8 地域·参加1から8 文化多様性と参加支援 文化多様性と参加支援 CP 1-8-1 CP 1-8-1 Galheigo, Sandra Maria Galheigo、サンドラ·マリア A critical perspective in Occupational Therapy 作業療法における重要な視点
27 27 CP 1-8-2 CP 1-8-2 Saa, Juan Pablo SAA、ファンパブロ Subjectivity in Groups of People With Disabilities 障害者のグループで主観性
28 28 CP 1-8-3 CP 1-8-3 Incaurgarat, Maria Florenci Incaurgarat、マリアFlorenci Cultural diversity and health care: an etnographic study of Chinese immigrants in Argentina. 文化的多様性と医療:アルゼンチンの中国人移民のetnographic研究。
29 29 CP 1-8-4 CP 1-8-4 Tavares Silva, Iolanda タバレス·シルバ、Iolanda Confidence in the future and hopelessness experiences in daily occupations of immigrants with late effects of polio ポリオの晩期障害を持つ移民の日々の職業に将来と絶望の経験に自信

page 5ページ5

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加1 – 9 地域·参加1から9 地域における包括的介入1 地域における包括的介入1 CP 1-9-1 CP 1-9-1 Thomson, Nicole トムソン、ニコール The social construction of disability 障害の社会建設
4 4 CP 1-9-2 CP 1-9-2 Crabtree, Jeffrey クラブツリー、ジェフリー Community mobility as a determinant of health: The role of occupational therapy from an international perspective. 国際的な視点からの作業療法の役割:健康の決定要因として、地域社会のモビリティ。
5 5 CP 1-9-3 CP 1-9-3 Melton, Jane メルトン、ジェーン Creating inclusive communities together 一緒に包括的コミュニティを作成する
6 6 CP 1-9-4 CP 1-9-4 Tan, Sey Ing タン、セイイング The usage of Alert Program R in a community mental health team in Singapore シンガポールでの地域精神保健チームのアラートプログラムRの利用
7 7 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加1 – 1 0 地域·参加1から1 0 O Tの新たな視点1 O、Tの新たな視点1 CP 1-10-2 CP 1-10-2 Hudson, Mark ハドソン、マーク The environmental imagination in the history of occupational therapy 作業療法の歴史の中で環境への想像力
8 8 CP 1-10-3 CP 1-10-3 Pizzi, Michael A. ピーチ、マイケル·A· Positive mental health promotion development for children at risk for or who are obese or overweight または肥満または太りすぎている人のリスクがある子供のための肯定的なメンタルヘルスプロモーションの開発
9 9 CP 1-10-4 CP 1-10-4 Wilschutt, Melissa Wilschutt、メリッサ Learning through sharing experience 共有体験学習
10 10 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 教育1 – 1 教育1から1 O T教育の新たな視点 O、T教育の新たな視点 ED 1-1-1 ED 1-1-1 Knightbridge, Lisa Knightbridge、リサ Professional competencies, personal growth and influence on future practice as learning outcomes of a non-traditional fieldwork experience. プロフェッショナルコンピテンシー、非伝統的なフィールドワークの経験の学習成果として、将来の実務上の個人の成長と影響力。
11 11 ED 1-1-2 ED 1-1-2 Olinky, Einat Olinky、Einat Clinical preceptors’ certification course in Occupational Therapy as an empowering personal process エンパワーメントの個人的プロセスとしての作業療法の臨床プリセプタ’認定コース
12 12 ED 1-1-3 ED 1-1-3 van den Heever, Nicolaas ヴァンデンHeever、ニコラス Occupation-Based Practice: Elusive Concept Or Achievable Goal? 職業に基づく実践:とらえどころのない概念や達成可能な目標?
13 13 ED 1-1-4 ED 1-1-4 Evenson, Mary エバンソン、メアリー Incorporating Active Learning into Interprofessional Education 職種間の教育にアクティブラーニングを組み込む
14 14 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 教育1 – 2 教育1から2 学生・セラピストのニーズ 学生·セラピストのニーズ ED 1-2-1 ED 1-2-1 岩田 美幸 岩田美幸 作業療法の初年次学生の「主体的な学び」と学業成績の関係 作業療法の初年次学生の「主体的な学び」と学業成績の関係
15 15 ED 1-2-2 ED 1-2-2 佐野 幹剛 佐野干刚 長期臨床実習における学生の健康状態及び実習態度と社会的スキルとの関連性
16 16 ED 1-2-3 ED 1-2-3 Lee, Michael リー、マイケル Mental health needs of university students 大学生のメンタルヘルスの必要性
17 17 ED 1-2-4 ED 1-2-4 Shah, Lalit J. シャー、ザラリットJ. Life Balance: A Comparative Study of Retired and Working Occupational Therapists ライフ·バランス:リタイアと作業作業療法の比較研究
18 18 ED 1-2-5 ED 1-2-5 Yeh, Hsin-Hsiu(Essential) 葉、新竹秀(必須) An interview method combine KAWA model with salutogenesis theory for Taiwan’s fieldwork students 面接法は、台湾のフィールドワーク学生のためのsalutogenesis理論とKAWAモデルを組み合わせ
19 19 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 教育1 – 3 教育1から3 臨床教育1 临床教育1 ED 1-3-1 ED 1-3-1 Wicks, Alison ウィックス、アリソン Practice education in areas beyond traditional health settings: Graduates’ and educators’ reflections 伝統的なヘルス設定を超えた地域での実践教育:卒業生や教育者’の反射
20 20 ED 1-3-2 ED 1-3-2 Bonsaksen, Tore Bonsaksen、とれ Utilizing the Assessment of Communication and Interaction Skills (ACIS) in a fieldwork design to facilitate occupational therapy students learning 学習作業療法学生を容易にするために、フィールドワークの設計でコミュニケーションと相互作用スキルの評価(ACIS)を利用
21 21 ED 1-3-3 ED 1-3-3 De Beer, Marianne デビール、マリアンヌ O c c u p a t i o n a l T h e r a py s u p e rvi s o r s ‘ i n t e rp e r s o n a l comm u n ic a t i o n : D o e s it pl a y a r o le in e n h a n ci n g s t u d e n t s ‘ cli n ic a l r e a s o n i n g s kills d u ri n g fi e ld w o rk
e d u c a t i o n ? 電子dは、uはT I oをnとcは?
22 22 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 教育1 – 4 教育1から4 I Tと教育手法 I Tと教育手法 ED 1-4-1 ED 1-4-1 Mathiowetz, Virgil Mathiowetz、ヴァージル Comparison of Cadaver Lab to Online Anatomy TV for Teaching Anatomy 解剖学を教えるためのオンライン解剖TVに死体ラボの比較
23 23 ED 1-4-2 ED 1-4-2 Hook, Angela フック、アンジェラ A Pilot project of the learning experience of undergraduate occupational therapy students in a 3-D virtual environment in the United Kingdom 英国における3次元仮想環境内の学部作業療法学生の学習経験のパイロットプロジェクト
24 24 ED 1-4-3 ED 1-4-3 Bissett, Michelle ビセット、ミシェル Use of iPads to encourage student self-evaluation and competence in clinical skills 臨床スキルの学生の自己評価と能力を奨励するためのiPadの使用
25 25 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 教育1 – 5 教育1から5 O T教育のジレンマ O、T教育のジレンマ ED 1-5-1 ED 1-5-1 Harris, Valerie ハリス、ヴァレリー Neuroanatomy and body functions in occupation-based education 職業ベースの教育の神経解剖学と身体機能
26 26 ED 1-5-2 ED 1-5-2 Dancza, Karina Dancza、カリーナ Is it important for students to experience occupation-centred practice on placement? 学生が配置に占領中心の練習を体験することが重要なのでしょうか?
27 27 ED 1-5-3 ED 1-5-3 Wirz, Franziska ワーズ、フランツィスカ Occupation-focused Skill-Laboratories in OT Education OT教育における職業に焦点を当てたスキル研究所
28 28 ED 1-5-4 ED 1-5-4 Kramer, Paula クレイマー、ポーラ The Dilemma Facing Education in Occupational Therapy 作業療法教育に直面ジレンマ

page 6 6ページ

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 教育1 – 6 教育1から6 教育理念 教育理念 ED 1-6-1 ED 1-6-1 Wimpenny, Katherine Wimpenny、キャサリン A Cross- Contextual Study of Mental Health Occupational Therapy Curricula: Preparing Graduates for the Field メンタルヘルス作業療法カリキュラムのクロスコンテキスト研究:フィールドの準備卒業生
4 4 ED 1-6-2 ED 1-6-2 Naidoo, Deshini ナイドウ、Deshini Preparing Students for Transition to Clinician: a KwaZulu Natal Case study クワズールナタールケーススタディ:臨床医への移行のための学生を準備
5 5 ED 1-6-3 ED 1-6-3 Springfield, Liz スプリングフィールド、リズ Crossing Thresholds: Using Assessment to Facilitate Conceptual Mastery in Occupational Therapy Curricula クロッシングしきい値:作業療法カリキュラムの概念的なマスタリーを容易にするためのアセスメントを使用した
6 6 ED 1-6-4 ED 1-6-4 Moeller, Matthias メラー、マティアス W h y cr e a t e comm o n e pi s t e m o l o gi c a l a s s u mp t i o n s w i t h in t h e co u n cil o f a d e p a r t m e n t o f h e a l t h o f a u n iv e r s i t y coll e g e ? I mplic a t i o n s f o r t h e o c c u p a t i o n a l
t h e r a py e d u c a t i o n . T H E R A PY E D U C A T I O N。
7 7 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 老年期障害1 – 1 老年期障害1から1 高齢者のA D LとQOL 高齢者のD、LとQOL EL 1-1-1 EL 1-1-1 Barenfeld, Emmelie Barenfeld、Emmelie Creating awareness of the last part of life 人生の最後の部分の意識を作成する
8 8 EL 1-1-2 EL 1-1-2 Bondoc, Salvador Bondoc、サルバドール Toileting Independence, Occupational Performance and Participation among the Elderly 排泄独立、作業遂行や高齢者の参加
9 9 EL 1-1-3 EL 1-1-3 広渡 一隆 広渡一隆 視覚障害を呈する重度認知症高齢者への関わり 視覚障害を呈する重度認知症高齢者への関わり
10 10 EL 1-1-4 EL 1-1-4 Renter, Heather 賃借人、ヘザー The head and neck cancer treatment experience: opportunities for occupational therapy 頭頸部がん治療の経験:作業療法の機会
11 11 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 老年期障害1 – 2 老年期障害1から2 機能低下の予防1 機能低下予防1 EL 1-2-1 EL 1-2-1 籔脇 健司 籔胁健司 居宅サービスを利用する高齢者の環境要因に対する認識の類型化 居宅サービスを利用する高齢者の環境要因に対する認識の類型化
12 12 EL 1-2-2 EL 1-2-2 西 聡太 西聡太 認知症予防介入を目的としたMMSE低下因子の検討 認知症予防介入を目的とした、MMSE低下因子の検討
13 13 EL 1-2-3 EL 1-2-3 遠藤 加菜 远藤加菜 高齢者における運動と認知機能 高齢者における運動と認知機能
14 14 EL 1-2-4 EL 1-2-4 Nadar, Mohammed ナダール、モハメッド The relationship between chronic pain and reduction in cognitive function 慢性疼痛、認知機能の低下との関係
15 15 EL 1-2-5 EL 1-2-5 Abrilahij, Afsaneh Abrilahij、Afsaneh The Correlation of Cognitive Impairments and Dressing Ability in the Elderly 高齢者における認知障害とドレッシング能力の相関
16 16 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 老年期障害1 – 3 老年期障害1から3 高齢者と作業1 高齢者と作業1 EL 1-3-1 EL 1-3-1 Young, Kate 若い、ケイト Why volunteer? なぜボランティア? Identifying common themes for why older adults choose to work for a Volunteer transport service. 高齢者ボランティア輸送サービスのために働くことを選択した理由のための共通のテーマを特定する。
17 17 EL 1-3-2 EL 1-3-2 Clapperton, Rebecca クラッパートン、レベッカ Boredom in elderly living at home: an exploratory study 探索的研究:自宅で高齢者の居住地退屈
18 18 EL 1-3-3 EL 1-3-3 Li, Ruijie 李、Ruijieは Refactoring of the SAFER-HOME to represent the occupational context of a person. 人の職業文脈を表現する方が安全在宅のリファクタリング。
19 19 EL 1-3-4 EL 1-3-4 Margot-Cattin, Isabel マーゴット·カタン、イザベル Mixing methods in developing questionnaires for older adults with dementia living at home: insight from OUTDEM study. 在宅認知症高齢者のためのアンケートを開発する方法をミキシング:OUTDEM研究からの洞察力。
20 20 EL 1-3-5 EL 1-3-5 Van de Vijver, Eva ヴァン·ド·Vijver、エヴァ The transactional relationship between person, environment and activities determines occupations. 人、環境、アクティビティ間の取引関係は、職業を決定します。
21 21 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 老年期障害1 – 4 老年期障害1から4 住環境の支援 住環境の支援 EL 1-4-1 EL 1-4-1 Aplin, Tammy ならびにAplin、タミー Understanding and measuring the home environment for home modification practice: Developing the Dimensions of Home Measure (DOHM) ホームメジャーのディメンションの開発(ドーム):ホーム変更の練習のための家庭環境を理解し、測定
22 22 EL 1-4-3 EL 1-4-3 Russell, Rachel ラッセル、レイチェル P u t t i n g O c c u p a t i o n b a ck i n t o h o u s i n g m o dific a t i o n s : U s i n g t h e O T I P M t o s u pp o rt t h e r o le o f o c c u p a t i o n a l t h e r a pi s t s in t h e d e s ign a n d d e liv e ry o f
h o u s i n g m o dific a t i o n s U S I O N S dific T O I N G mのO H
23 23 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 老年期障害1 – 5 老年期障害1から5 認知症のO T 1 認知症のO、T 1 EL 1-5-1 EL 1-5-1 Du Toit, Sanet デュデュトワ、SANET An exploration of the potential of Dementia Care Mapping as a practice development tool to facilitate meaningful engagement. 意味のある係合を容易にするために実際に開発ツールとして認知症ケアマッピングの可能性を探求。
24 24 EL 1-5-2 EL 1-5-2 塩田 繁人 塩田繁人 認知症高齢者に対する生活行為向上マネジメントは再入院を減少させる. 認知症高齢者に対する生活行為向上マネジメントは再入院を減少させる。
25 25 EL 1-5-3 EL 1-5-3 Van de Wiele, Anneleen ファン·デ·ウィール、Anneleen <B>Adaptation and coping strategies used by older adults with Mild Cognitive Impairment: a qualitative exploratory study</B> <B>適応と軽度認知障害を持つ高齢者が使用する対処戦略:定性的な探索的研究</ B>
26 26 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 老年期障害1 – 6 老年期障害1から6 機能低下の予防2 機能低下予防2 EL 1-6-1 EL 1-6-1 Ejlersen Wahrens, Eva Ejlersen Wahrens、エヴァ Reproducibility of interview-based ADL ability measures among occupational therapists, physical therapists and nursing staff. 作業療法士、理学療法士や看護スタッフの間でのインタビューに基づくADL能力を測定の再現性。
27 27 EL 1-6-3 EL 1-6-3 山田 孝 山田孝 健康な高齢者に対する作業療法プログラムの効果 健康な高齢者に対する作業療法プログラムの効果
28 28 EL 1-6-4 EL 1-6-4 由利 禄巳 由利禄巳 介護予防における生活目標設定手法の導入効果に関する研究 介護予防における生活目標設定手法の導入効果に関する研究

page 7 7ページ

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 老年期障害1 – 7 老年期障害1から7 地域での実践1 地域実践1 EL 1-7-1 EL 1-7-1 Daniels, Ramon ダニエルズ、ラモン An interdisciplinary primary care program to prevent disability among community dwelling frail older people 虚弱高齢者を居住地域社会の中で、障害を防止するための学際的なプライマリーケアプログラム
4 4 EL 1-7-2 EL 1-7-2 Huri, Meral Huri、Meral Effects of Facoemulsification on activity performance and social particiation in patients with cenile cataract cenile白内障患者において、活動のパフォーマンスと社会的particiation上Facoemulsificationの影響
5 5 EL 1-7-3 EL 1-7-3 加藤 千佳 加藤千佳 Palliative care team(PCT)介入患者の在宅生活を目標としたOTの取り組み 緩和ケアチーム(PCT)介入患者の在宅生活を目標としたOTの取り組み
6 6 EL 1-7-4 EL 1-7-4 Craik, Janet M. クレイク、ジャネットM. A national strategy led by occupational therapists to enhance older driver safety 古いドライバーの安全を向上させるために作業療法士が率いる国家戦略
7 7 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 精神障害1 – 1 精神障害1から1 精神保健と作業療法1 精神保健と作業療法1 MH 1-1-1 MH 1-1-1 南 庄一郎 南庄一郎 クライアントが「家」に抱く思いを大切にして クライアントが「家」に抱く思いを大切にして
8 8 MH 1-1-2 MH 1-1-2 Katz, Naama カッツ、ナーマ Occupational Therapy Training Program: \Mediated Communication Recovery-Wellbeing (MCRW) for mental health practitioners” 作業療法研修プログラム:\介したコミュニケーションの回復-ウェルビーイング(MCRW)メンタルヘルスの専門家」のための
9 9 MH 1-1-3 MH 1-1-3 Richards, Gabrielle リチャーズ、ガブリエル Equal Partners: The Occupational Therapist and the Service User Consultant 対等なパートナー:作業療法士およびサービスユーザーコンサルタント
10 10 MH 1-1-4 MH 1-1-4 Harrsion, Michelle Harrsion、ミシェル Facilitating service redesign for people with complex mental health needs 複雑な精神的健康ニーズを持つ人々のためのサービスの再設計が容易
11 11 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 精神障害1 – 2 精神障害1から2 日常の活動 日常の活動 MH 1-2-1 MH 1-2-1 松岡 太一 松冈太一 ADOCを用いて意味ある作業に焦点を当てたことで目標が明確化した精神科クライエントの一例
12 12 MH 1-2-2 MH 1-2-2 古賀 昭彦 古贺昭彦 作業バランス評価法の活用法に関する研究 作業バランス評価法の活用法に関する研究
13 13 MH 1-2-3 MH 1-2-3 宮里 直美 宫里直美 幻聴を抱えながらも自分のしたいことができるように 幻聴を抱えながらも自分のしたいことができるように
14 14 MH 1-2-4 MH 1-2-4 細田 勝世 细田胜世 就労を希望する精神疾患患者に対し,適切な移行先につなげるための関わり
15 15 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 精神障害1 – 3 精神障害1から3 司法精神医療の作業療法1 司法精神医療作業療法1 MH 1-3-1 MH 1-3-1 笹川 恵輔 笹川恵辅 医療観察法病棟におけるピアサポートプログラムの試みと今後の展望 医療観察法病棟におけるピアサポートプログラムの試みと今後の展望
16 16 MH 1-3-2 MH 1-3-2 Cox, Camilla コックス、カミラ Learning Through Doing 体験学習
17 17 MH 1-3-3 MH 1-3-3 Lim, Kee Hean LIM、KeeさんHean Mental Health Recovery and Occupational Therapy. メンタルヘルスの回復と作業療法。 Exploring Forensic and Mental Health Occupational Therapists’ Perspectives 法医学精神衛生作業療法士の視点を探る
18 18 MH 1-3-4 MH 1-3-4 Taylor, Elizabeth A テイラー、エリザベスA Determining Occupational Needs to Ensure Successful Community Integration of Forensic Mental Health Clients 職業を決定することは、法医学精神衛生クライアントの成功コミュニティの統合を確認する必要があります
19 19 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 作業1 – 1 作业1から1 作業とは 作業とは OC 1-1-1 OC 1-1-1 奈良 進弘 奈良进弘 東アジアにおける作業療法とoccupation 東アジアにおける作業療法と職業
20 20 OC 1-1-2 OC 1-1-2 Park, Ji-Hyuk 公園、智ヒョク Neurobiological Influence of Occupation on Neurological Disorders Through Experience-Dependent Plasticity 経験依存可塑スルー神経疾患に対する職業の神経生物学的影響
21 21 OC 1-1-3 OC 1-1-3 佐川 佳南枝 佐川佳南枝 “作業的存在”についての再考 「作业的存在」についての再考
22 22 OC 1-1-4 OC 1-1-4 Yazdani, Farzaneh Yazdani、Farzaneh Occupational Balance: a study of the socio-cultural perspective of Iranian Occupational Therapists 職業バランス:イランの作業療法士の社会文化的視点の研究
23 23 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 作業1 – 2 作业1から2 地域と作業の公正性 地域と作業公正 OC 1-2-1 OC 1-2-1 Andersson, Evelyn アンダーソン、イヴリン Facilitating Occupational Justice for Children in Communities コミュニティの子供たちのための職業正義を促進する
24 24 OC 1-2-2 OC 1-2-2 酒井 ひとみ 酒井ひとみ 社会人類学的視点から捉える老人の作業的公正 社会人類学的視点から捉える老人の作業的公正
25 25 OC 1-2-4 OC 1-2-4 Watanabe, Seiko 渡辺、セイコー The Role of Occupational Therapists in Community Development: From enabling to embracing コミュニティ開発における作業療法士の役割:有効にした状態からの受け入れへ
26 26 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 作業1 – 3 作业1から3 作業の意味 作業の意味 OC 1-3-1 OC 1-3-1 Atler, Karen Atler、カレン Understanding the Daily Experiencs of Survivors of Stroke Through the Dimensions of Pleasure, Productivity and Restoration 毎日の喜びの寸法により脳卒中の生存者のExperiencs、生産性と復元を理解する
27 27 OC 1-3-2 OC 1-3-2 Lee, Ya-Lin リー、雅-林 As grandparents or parents? 祖父母や親として? Taiwanese older adults’ experience in parenting grandchildren 子育て孫における台湾の高齢者の経験
28 28 OC 1-3-3 OC 1-3-3 白木原 法隆 白木原法隆 失語症者における外部環境への適応 失語症者における外部環境への適応

page 8 8ページ

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 身体障害1 – 1 身体障害1から1 身体障害への介入1 身体障害への介入1 PD 1-1-2 PD 1-1-2 林 慎也 林慎也 スプリントと治療的電気刺激の併用により手指機能が改善した中枢神経障害の2症例
4 4 PD 1-1-3 PD 1-1-3 Leong, Melissa レオン、メリッサ Enhancing independence for patients with upper limb loss using innovative prosthetics 革新的な義肢を使用した上肢の損失の患者のための独立性を強化
5 5 PD 1-1-4 PD 1-1-4 Wright, Bridgette ライト、ブリジット Concept to Reality: The implementation and evaluation of an occupational therapy breast cancer survivorship programme 現実にコンセプト:作業療法乳癌生存プログラムの実装と評価
6 6 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害1 – 2 身体障害1から2 脳卒中の機能評価 脳卒中の機能評価 PD 1-2-1 PD 1-2-1 藤木 智子 藤木智子 回復期脳卒中患者の上肢機能の回復が健康関連QOLにもたらす影響 回復期脳卒中患者の上肢機能の回復が健康関連QOLにもたらす影響
7 7 PD 1-2-2 PD 1-2-2 畑中 康志 畑中康志 脳卒中片麻痺患者における非麻痺側上肢での上衣更衣自立に<BR/>必要な座位バランス能力の検討
8 8 PD 1-2-3 PD 1-2-3 Fong, Kenneth NK フォン、ケネスNK C o mp a ri s o n o f bim a n u a l a rm t r a i n i n g w i t h o r w i t h o u t mirr o r f e e db a cks f o r h e mipl e gic u pp e r e x t r e mi t y in cli e n t s w i t h c h r o n ic s t r o k e : A r a n d o mi z e d pilot
co n t r o ll e d t ri a l CO N T R O LL E D TロードアイランドL
9 9 PD 1-2-4 PD 1-2-4 今 法子 今法子 脳卒中患者における麻痺側上肢活動と感覚障害の関連性の検討 脳卒中患者における麻痺側上肢活動と感覚障害の関連性の検討
10 10 PD 1-2-5 PD 1-2-5 大庭 健嗣 大庭健嗣 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者の転倒リスク 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中患者の転倒リスク
11 11 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害1 – 3 身体障害1から3 脳卒中のA DL 脳卒中のDL PD 1-3-1 PD 1-3-1 Lee, Ya-Chen リー、雅-陳 The BI-based 3 ADL Constructs Scale for Patients with Stroke: A Reliability Study 脳卒中患者のためのBi系3 ADL構築スケール:信頼性評価
12 12 PD 1-3-2 PD 1-3-2 森 涼子 森凉子 小脳出血により認知情動障害を呈するもFIM成績が改善した一症例 小脳出血により認知情動障害を呈するも、FIM成績が改善した一症例
13 13 PD 1-3-3 PD 1-3-3 村川 雄一朗 村川雄一朗 覚醒下開頭腫瘍摘出術後患者における退院後運動機能とADL能力に関する検討
14 14 PD 1-3-4 PD 1-3-4 竹内 晃雄 竹内晃雄 脳卒中後の皮質下限局病巣患者におけるアパシー及び前頭葉機能と,ADLの改善の関係
15 15 PD 1-3-5 PD 1-3-5 梅田 顕 梅田顕 脳卒中後の皮質下限局病巣患者における感情・気分障害とADLの関係 脳卒中後の皮質下限局病巣患者における感情·気分障害とADLの関係
16 16 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害1 – 4 身体障害1から4 身体障害と作業1 身体障害と作業1 PD 1-4-1 PD 1-4-1 半谷 智辰 半谷智辰 頚椎症性脊髄症と職業歴との関係性について 頚椎症性脊髄症と職業歴との関係性について
17 17 PD 1-4-2 PD 1-4-2 井戸 芳和 井戸芳和 正中神経麻痺と尺骨神経麻痺における手指巧緻運動障害の客観的な相違点 正中神経麻痺と尺骨神経麻痺における手指巧緻運動障害の客観的な相違点
18 18 PD 1-4-3 PD 1-4-3 岡部 拓大 冈部拓大 高齢者の脊柱後彎変形が身体機能とADLにおよぼす影響について 高齢者の脊柱後彎変形が身体機能とADLにおよぼす影響について
19 19 PD 1-4-4 PD 1-4-4 谷口 しのぶ 谷口しのぶ 両手重度デグロービング損傷例のセラピィ 両手重度デグロービング損傷例のセラピィ
20 20 PD 1-4-5 PD 1-4-5 辻村 雅美 辻村雅美 母指外転制限下での茶碗把持特性に関する予備的検討 母指外転制限下での茶碗把持特性に関する予備的検討
21 21 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 身体障害1 – 5 身体障害1から5 活動と参加の評価 活動と参加評価 PD 1-5-1 PD 1-5-1 Prodinger, B Prodinger、B Measuring participation according to the ICF: A comparison of content and quality of commonly used instruments in adult rehabilitation 大人のリハビリで一般的に使用される機器の内容と品質の比較:ICFによると参加を測定する
22 22 PD 1-5-2 PD 1-5-2 Darzins, Susan Darzins、スーザン Using Rasch analysis to refine the Personal Care Participation Assessment and Resource Tool (PC-PART). パーソナルケア参加アセスメントおよびリソースツール(PC-部分)を改良するためにラッシュ分析を用いて。
23 23 PD 1-5-3 PD 1-5-3 Hawkins, Camilla ホーキンス、カミラ K e i z o ku w a c h ik a ra n a ri C o n t i n u i n g o n a f t e r a s e t b a ck is i t s o w n ki n d o f s t r e n g t h : P e rf o rmi n g E v e ryd a y A ctivi t i e s in t h e co n t e x t o f H I V – a s s o ci a t e d
N e u r o l o gi c a l Di s o rd e r. N UはO L O GI C A LディS O RD E R R E。
24 24 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 身体障害1 – 6 身体障害1から6 I Tとヘルスケア1 I Tとヘルスケア1 PD 1-6-1 PD 1-6-1 Burwash, Susan バーウォッシュ、スーザン The Coming of Age: A Model for Virtual Occupational Therapy Conferences 時代の到来:仮想作業療法会議のためのモデル
25 25 PD 1-6-2 PD 1-6-2 Masako, Miyazaki 雅子、宮崎 Health Workforce Capacity Development using IT ITを活用した保健人材能力開発
26 26 PD 1-6-3 PD 1-6-3 Meidert, Ursula Meidert、ウルスラ Robotics in health care ヘルスケアのロボット工学
27 27 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 身体障害1 – 7 身体障害1から7 I Tとヘルスケア2 I Tとヘルスケア2 PD 1-7-1 PD 1-7-1 Dahlberg, Raymond ダールバーグ、レイモンド A cost benefit study of welfare technology in practice- 実際、福祉技術の費用対効果の研究
28 28 PD 1-7-2 PD 1-7-2 Kornblau, Barbara Kornblau、バーバラ Internet Sources as Qualitative Data for Study of Occupation and Quality of Life 職業と生活の質の研究のための定性的データとしてインターネットソース
29 29 PD 1-7-4 PD 1-7-4 Kim, Grace キム、グレイス Incorporating a Wearable Upper Extremity Robotics Device into Daily Activities at Home ホームに毎日の活動に身につけられる上肢ロボット装置を内蔵

page 9 9ページ

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 身体障害1 – 8 身体障害1から8 支援機器とO Tの実践 支援機器とO、Tの実践 PD 1-8-1 PD 1-8-1 Verdonck, Michele Verdonck、ミケーレ Accessing smart devices スマートデバイスへのアクセス
4 4 PD 1-8-3 PD 1-8-3 Lindqvist, Eva リンクヴィスト、エヴァ Becoming a user of assistive technology for cognitive support Significant junctures along the way 道に沿って認知支援の重要な節目のための支援技術のユーザになる
5 5 PD 1-8-4 PD 1-8-4 塩貝 勇太 塩贝勇太 更衣動作時の呼吸困難感軽減を目的とした酸素カニューラの紹介 更衣動作時の呼吸困難感軽減を目的とした酸素カニューラの紹介
6 6 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 身体障害1 – 9 身体障害1から9 身体障害への介入2 身体障害への介入2 PD 1-9-1 PD 1-9-1 Cooper, Katherine クーパー、キャサリン An Interdisciplinary Approach to Medication Management for Persons with Cognitive Deficits. 認知障害のある人のための投薬管理の学際的アプローチ。
7 7 PD 1-9-2 PD 1-9-2 林 由美子 林由美子 ベトナム南部の急性期病院における脳卒中患者の家族のニーズ ベトナム南部の急性期病院における脳卒中患者の家族のニーズ
8 8 PD 1-9-3 PD 1-9-3 Poissant, Lise Poissant、リセ Improving Evidence-based Practice Using an Online Collaborative Platform オンラインコラボレーションプラットフォームを使用して科学的根拠に基づいた実践の改善
9 9 PD 1-9-4 PD 1-9-4 三浦 南海子 三浦南海子 認知症高齢者に対する「色カルタ・クオリアゲーム」の効果を検証する 認知症高齢者に対する「色カルタ·クオリアゲーム」の効果を検証する
10 10 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 研究・E B P 1 – 1 研究·E·B、P 1から1 理論の適用( K A W Aモデル他) 理論の適用(K A W Aモデル他) RE 1-1-1 1-1-1 RE Owen, Antonette オーウェン、Antonette EXPLORATION OF THE KAWA MODEL WITHIN A SOUTH AFRICAN CONTEXT 南アフリカのコンテキスト内KAWAモデルの探究
11 11 RE 1-1-2 1-1-2 RE Cabatan, Maria Concepcion Cabatan、マリア·コンセプシオン E x pl o ri n g t h e u s e o f t h e Filipi n o k a p w a ( s h a r e d id e n t i t y) a n d p a kikip a gk a p w a ( h u m a n n e s s ) w o rld vi e w in u n d e r s t a n di n g t h e r a p e u t ic r e l a t i o n s h ips in
P h ilippi n e o c c u p a t i o n a l t h e r a py pr a ctice P Hがilippi N E O C C U P A T I O N L性T H EはPY PR ctice rを
12 12 RE 1-1-3 1-1-3 RE Liu, Wei-Te 劉、魏テ Applying The KAWA Model in Work-related Rehabilitation for Individuals with Mental Illness A Case Report 精神障害事例報告と個人のための作業に関連したリハビリテーションKAWAモデルを適用
13 13 RE 1-1-4 1-1-4 RE Humbert, Tamera ハンバート、Tamera Reflections on the Use of the Kawa Model in Phenomenological Research 現象論的研究におけるカワモデルの使用についての考察
14 14 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 研究・E B P 1 – 2 研究·E·B、P 1から2 各国の作業療法実践1 各国の作業療法実践1 RE 1-2-1 1-2-1 RE 渡邊 佳與子 渡边佳与子 ベトナム南部におけるリハビリテーション従事者の作業療法に対する認識 ベトナム南部におけるリハビリテーション従事者の作業療法に対する認識
15 15 RE 1-2-2 1-2-2 RE Tang, Gawain 唐、ガウェイン Through the Lens of the Male OT /OTA 男性OT / OTAのレンズを通して
16 16 RE 1-2-3 1-2-3 RE Che Daud, Ahmad Zamir チェ·ダウド、アフマドザミール Challenges of Applying Occupation-Based Intervention in Clinical Practice: A Delphi Study in Malaysia 臨床現場で職業ベースの介入を適用した課題:マレーシアのデルファイ調査
17 17 RE 1-2-4 1-2-4 RE Aran, Orkun Tahir アラン、オルクンタヒル Analysis of Personal, Environmental and Occupational Factors Effecting Activity Performance of Disabled Drivers 個人、環境·労働の分析は、ドライバがディセーブルのもたらす活動のパフォーマンス要因
18 18 RE 1-2-5 1-2-5 RE 寺村 晃 寺村晃 青年海外協力隊が運営する分科会の活動と有効性の検討 青年海外協力隊が運営する分科会の活動と有効性の検討
19 19 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 研究・E B P 1 – 3 研究·E·B、P 1から3 O T専門職としての振り返り O、T専門職としての振り返り RE 1-3-1 1-3-1 RE Soderback, Ingrid Soderback、イングリッド Categorize Occupational Therapy Interventions A Prerequisite for Inter-professional Global Communication. インタープロフェッショナルグローバル·コミュニケーションのための作業療法介入A前提条件を分類。
20 20 RE 1-3-2 1-3-2 RE Drolet, Marie-Josee Droletさん、マリー=ジョゼ Occupational therapy values 作業療法値
21 21 RE 1-3-3 1-3-3 RE Donbavand, Joanne Donbavand、ジョアン A continued challenge: Bridging the theory and practice gap 継続的な課題:理論と実践のギャップを埋める
22 22 RE 1-3-5 1-3-5 RE Oksuz, Cidem Oksuz、Cidem Comparison of Patient’s, Families and Therapists Concerns: A pilot study 患者の、家族連れやセラピストの懸念比較:パイロット研究
23 23 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 研究・E B P 1 – 4 研究·E·B、P 1から4 E B Pの実践例1 E、B、Pの実践例1 RE 1-4-1 1-4-1 RE Hamilton, Anita ハミルトン、アニタ Information and digital literacy: Central to evidence based practice in the 21st Century. 情報とデジタルリテラシー:中央21世紀に基づく実践を証拠。
24 24 RE 1-4-2 1-4-2 RE Robertson, Linda ロバートソン、リンダ A Tripartite View of Evidence エビデンスの三者を見る
25 25 RE 1-4-3 1-4-3 RE Schneider, Emma J. シュナイダー、エマJ. Intensive therapy for improved motor recovery after stroke: A systematic review. 脳卒中後に改善運動回復のための集中治療:系統的レビュー。
26 26 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 研究・E B P 1 – 5 研究·E·B、P 1から5 O Tの実力をつける O、Tの実力をつける RE 1-5-1 1-5-1 RE Jalili, Nasrin ジャリリ、ナスリーン Effectiveness of Handling Training on Stress and Quality of Life among mothers of children afflicted with cerebral palsy 脳性麻痺に苦しんでいる子供たちの母親の間でストレスや生活の質にトレーニングの取り扱いの有効性
27 27 RE 1-5-2 1-5-2 RE Bowyer, Patricia ボウヤー、パトリシア Operationalizing Scholarship of Practice: Factors Leading to a Successful Collaboration 練習の運用開始奨学:成功コラボレーションに至る要因
28 28 RE 1-5-3 1-5-3 RE Nicholson, Ellen ニコルソン、エレン Different Paths, Same Destination 異なるパス、同じ目的地

page 10 10ページ

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月18日(水) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月18日(水)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 発表
カテゴリー カテゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 研究・E B P 1 – 6 研究·E·B、P 1から6 E B Pの実践例2 E、B、Pの実践例2 RE 1-6-1 1-6-1 RE Katz, Noomi カッツ、Noomi Factors predicting successful rehabilitation after hip fracture surgery in the elderly population 6 month following injury. 損傷後の高齢者人口6月に股関節骨折手術後のリハビリ成功を予測する要因。
4 4 RE 1-6-2 1-6-2 RE Ballinger, Claire バリンジャー、クレア Falls and falls prevention: A qualitative study exploring the views of visually impaired older people, carers and health care professionals 滝と予防を下回る:視覚障害高齢者、介護者および医療専門家の見解を探る質的研究
5 5 RE 1-6-3 1-6-3 RE Clark, Florence クラーク、フィレンツェ Lifestyle Redesign for Pressure Ulcer Prevention in Spinal Cord Injury 脊髄損傷における褥瘡の予防のためのライフスタイルの再設計
6 6 RE 1-6-4 1-6-4 RE Blanchard, Jeanine ブランチャード、ジェニーン Data Reconciliation in a Pressure Ulcer Prevention Study 褥瘡の予防研究におけるデータ和解
7 7 1 6 : 3 0 – 1 8 : 0 0 1 6:3 0 – 1 8:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 研究・E B P 1 – 7 研究·E·B、P 1から7 E B Pの実践例3 E、B、Pの実践例3 RE 1-7-1 1-7-1 RE 坂本 里佳 坂本里佳 片麻痺者における脚組み動作の分析 片麻痺者における脚組み動作の分析
8 8 RE 1-7-2 1-7-2 RE Piven, Emily ピヴェン、エミリー Expanding the Role of Occupational Therapy in Diabetes Assistive Technology 糖尿病支援技術における作業療法の役割を拡大する
9 9 RE 1-7-3 1-7-3 RE McIntyre, Anne マッキンタイア、アン He’s not been the same person since 彼は以来、同じ人ではなかっだ
10 10 RE 1-7-4 1-7-4 RE McKinstry, Carol マッキンストリー、キャロル Addressing workforce maldistribution to provide a rural occupational therapy workforce 農村作業療法の労働力を提供するために、労働力の偏在への対応
11 11 1 1 : 3 0 – 1 2 : 3 0 1 1:3 0 – 1 2:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 理論1 – 1 理论1から1 O Tモデルの応用 O、Tモデルの応用 TH 1-1-1 TH 1-1-1 Nixon, David ニクソン、デビッド Kawa Poetics カワ詩学
12 12 TH 1-1-3 TH 1-1-3 Venkataraman, Saraswathy ベンカタラマン、Saraswathy A comparison of two occupational therapy models in guiding occupational therapy processes for visually impaired adults 視覚障害大人のための作業療法のプロセスを導くのに2作業療法モデルの比較