6/21(金)口述発表

page 1ページ1

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月21日(土) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月21日(土)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 カ 発表カ
テゴリー テゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 SS SS ペシャルセッション0 9 スペシャルセッション0 9 生活行為向上マネジメント 生活行為向上マネジメント SS 09-1 SS 9月1日 竹内 さをり 竹内さをり 生活行為向上マネジメントの効果 生活行為向上マネジメントの効果
4 4 SS 09-2 SS 9月2日 小林 幸治 小林幸治 通所介護で個別性を重視した関わりを行う上での作業療法の視点の有用性 通所介護で個別性を重視した関わりを行う上での作業療法の視点の有用性
5 5 SS 09-3 SS 9月3日 能登 真一 能登真一 地域在住高齢者に対する「生活行為向上マネジメント」の長期的効果について
6 6 SS 09-4 SS 9月4日 長谷川 敬一 长谷川敬一 脳卒中患者における生活行為向上マネジメントを用いた介護支援専門員との連携方法
7 7 SS 09-5 SS 9月5日 五百川 和明 五百川和明 脳卒中者における退院後の生活行為 脳卒中者における退院後の生活行為
8 8 SS 09-6 SS 9月6日 宗像 暁美 宗像暁美 脳卒中患者に対して生活行為向上マネジメントを早期から導入することで主体的な生活を再獲得できた一事例
9 9 SS 09-7 SS 9月7日 小林 法一 小林法一 生活行為向上マネジメントツールを活用した介護支援専門員との連携効果 生活行為向上マネジメントツールを活用した介護支援専門員との連携効果
10 10 SS 09-8 SS 9月8日 大庭 潤平 大庭润平 健康な高齢者の生活行為の不自由さ 健康な高齢者の生活行為の不自由さ
11 11 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害4 – 1 発达障害4から1 発達障害への挑戦3 発達障害への挑戦3 CH 4-1-1 CH 4-1-1 Cermak, Sharon サーマク、シャロン P a r t icip a t i o n in P h y s ic a l A ctivi t y, Fi t n e s s , a n d Ri s k f o r Ob e s i t y in C h ildr e n w i t h D e v e l o pm e n t a l C o o rdi n a t i o n Di s o rd e r: A C r o s s C u l t u r a l S t u dy- I s r a e l,
A u s t r a lia a n d US U S T RをLIA n dは、米国
12 12 CH 4-1-2 CH 4-1-2 Esmail, Shaniff Esmail、Shaniff An Occupational Therapist’s Role in the Provision of Sexual-Health Education to Children with Physical Disabilities 身体障害児への性的健康教育の提供に作業療法の役割
13 13 CH 4-1-3 CH 4-1-3 Dennis, Carole デニス、キャロル Infant Mobility Using Robots: A Comparison of Two Control Interfaces ロボットによる乳幼児モビリティ:二つの制御インタフェースの比較
14 14 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害4 – 2 発达障害4から2 職種間連携2 职种间连携2 CH 4-2-1 CH 4-2-1 谷元 広樹 谷元広树 不安障害の高校生男子に対する作業療法 不安障害の高校生男子に対する作業療法
15 15 CH 4-2-2 CH 4-2-2 Hunter, Cathleen ハンター、キャスリーン Inter-professional collaboration for paediatric practitioners 小児科開業医のための異業種間のコラボレーション
16 16 CH 4-2-3 CH 4-2-3 Erna, Imperatore Blanche エルナ、インペラトーレブランシュ ELECTRONIC RECORD KEEPING SYSTEM FOR REFLECTICE PRACTICE REFLECTICE練習のための電子記録保存システム
17 17 CH 4-2-4 CH 4-2-4 Phipps, Shawn フィップス、ショーン Predicting the Effects of Cerebral Palsy Severity on Self-Care, Mobility, and Social Function セルフケア、モビリティ、および社会的機能に脳性麻痺重症度に及ぼす影響を予測する
18 18 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 発達障害4 – 3 発达障害4から3 自閉症スペクトラム3 自閉症スペクトラム3 CH 4-3-1 CH 4-3-1 舟橋 吉美 舟桥吉美 自閉症スペクトラム児の課題遂行時における座位姿勢の特性 自閉症スペクトラム児の課題遂行時における座位姿勢の特性
19 19 CH 4-3-2 CH 4-3-2 Hilton, Claudia ヒルトン、クラウディア Effects of exergaming on executive function and motor skills in children with autism spectrum disorders: A pilot study パイロット研究:自閉症スペクトラム障害児の実行機能や運動能力に対する運動ゲームをすることの影響
20 20 CH 4-3-3 CH 4-3-3 Dessoye, Jennifer Dessoye、ジェニファー The Effectiveness of iPad Handwriting Applications on Fine Motor and Visual Motor Skills in Children on the Autism Spectrum 自閉症スペクトラム上の微細運動と子どもの視覚運動能力にiPadの手書きアプリケーションの有効性
21 21 CH 4-3-4 CH 4-3-4 Dunn, Winnie ダン、プー Impact of a contextual Intervention on child participation and parental competence among children with autism spectrum disorders 自閉症スペクトラム障害を持つ子供たちの間で子どもの参加と親の能力上の文脈的介入の影響
22 22 CH 4-3-5 CH 4-3-5 parvizi, fatemeh parvizi、fatemeh Executive Function in Iranian children with High Functioning Autistic Disorder 高機能自閉性障害を持つイランの子供の実行機能
23 23 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 発達障害4 – 4 発达障害4から4 発達障害への挑戦4 発達障害への挑戦4 CH 4-4-1 CH 4-4-1 McCormack, Guy マコーマック、ガイ Sensory Processing Responses to Comforting Touch in Children with Autism 自閉症児におけるコンフォー触ると感覚処理応答
24 24 CH 4-4-2 CH 4-4-2 Pentland, Duncan ペントランド、ダンカン Evaluating targeted literacy support for at risk children リスクの子供たちを対象に識字支援を評価
25 25 CH 4-4-3 CH 4-4-3 Gustavo, Reinoso グスタボ、レイノーソ COMPUTER BASED SENSORY MOTOR TESTING TOOL コンピュータベースの感覚運動テストツール
26 26 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 革新と挑戦4 – 1 革新と挑戦4から1 作業療法の発展とリーダーシップ 作業療法発展とリーダーシップ CI 4-1-2 CI 4-1-2 Stanley, Mandy スタンリー、マンディ ‘Risky business’: Risk and the occupational therapy profession 「卒業白書」:リスクと作業療法の専門職
27 27 CI 4-1-3 CI 4-1-3 Boniface, Giovanna 宿屋の主人、ジョヴァンナ The Evolution of Occupational Therapy Representation in British Columbia: Challenges and Innovations ブリティッシュコロンビア州の作業療法表現の進化:課題とイノベーション
28 28 CI 4-1-4 CI 4-1-4 Ledgerd, Ritchard Ledgerd、リチャード WFOT Human Resources Project 2008 – 2014 WFOT人材プロジェクト2008 – 2014

page 2ページ2

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月21日(土) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月21日(土)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 カ 発表カ
テゴリー テゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 革新と挑戦4 – 2 革新と挑戦4から2 作業療法士の挑戦5 作業療法士挑戦5 CI 4-2-1 CI 4-2-1 清水 淳也 清水淳也 脳卒中片麻痺の半側空間無視患者に対する末梢感覚神経電気刺激療法(Peripheral Nerve Sensory Stimulation:PSS)の有用性の検討 神経感覚刺激:PSS)の有用性の検討
4 4 CI 4-2-2 CI 4-2-2 國重 雅史 国重雅史 Go/No-Go課題時における左右前頭前野の血流量の差異 GO / NO-GO課題時における左右前頭前野の血流量の差異
5 5 CI 4-2-3 CI 4-2-3 永井 義樹 永井义树 上着動作での提示方法の相違が前頭前野に与える影響 上着動作での提示方法の相違が前頭前野に与える影響
6 6 CI 4-2-4 CI 4-2-4 Huang, Fubiao 黄、Fubiao Research on the Activation of the Cerebral Cortex During Common Occupational Activities 一般的な労働活動中に大脳皮質の活性化に関する研究
7 7 CI 4-2-5 CI 4-2-5 Almeida, Pedro HTQ アルメイダ、ペドロHTQ Electromyography in Handwriting Analysis: A study of Two Grasp Patterns 手書きの分析での筋電図:二つかみパターンの研究
8 8 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 革新と挑戦4 – 3 革新と挑戦4から3 住環境とシーティング 住環境とシーティング CI 4-3-1 CI 4-3-1 川本 徹 川本彻 Charnley型THA後におけるADL訓練の実際 チャーンリー型THA後におけるADL訓練の実際
9 9 CI 4-3-2 CI 4-3-2 野村 寿子 野村寿子 適合されたシートが作業効率に与える影響について 適合されたシートが作業効率に与える影響について
10 10 CI 4-3-3 CI 4-3-3 Schreuer, Naomi Schreuer、ナオミ Use and usefulness of accommodations provided to students with disabilities in higher education 使用して、高等教育における障害を持つ学生に提供宿泊施設の有用性
11 11 CI 4-3-4 CI 4-3-4 Helle, Tina ヘレ、ティナ Investigation and Advancement of Housing Standards Addressing Accessibility 調査と住宅標準促進アクセシビリティへの取り組み
12 12 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 革新と挑戦4 – 4 革新と挑戦4から4 各国の作業療法実践 各国の作業療法実践
4 4
CI 4-4-1 CI 4-4-1 Persons, Kimberley 人物、キンバリー Service Learning in a Developing Country 発展途上国でサービスラーニング
13 13 CI 4-4-2 CI 4-4-2 Stern, Erica B. 船尾、エリカB. Drivi n g b e h a vi o rs a n d a n x i e t i e s o f mili t a ry s e rvi c e m e mb e rs w i t h a n d w i t h o u t t r a u m a t ic br a in i n j u ry/p o s t t r a u m a t ic s t r e s s di s o rd e r a f t e r s e rvi c e in I r a q
o r A fg h a n i s t a n FGのH R O N I S T N
14 14 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加4 – 1 地域·参加4から1 地域における包括的介入5 地域における包括的介入5 CP 4-1-1 CP 4-1-1 Blanche, Erna ブランシュ、エルナ Lessons learned about manualizing interventions for randomized controlled trials レッスンはランダム化比較試験のための介入をmanualizingについて学んだ
15 15 CP 4-1-2 CP 4-1-2 Bolanos, Cristina ボラニョス、クリスティーナ Taking The Time To Identify The Community’s Occupational Needs Before Starting a Program. コミュニティの職業を識別するために時間を取ることは、プログラムを起動する前に必要とします。
16 16 CP 4-1-4 CP 4-1-4 Wenborn, Jennifer Wenborn、ジェニファー Community occupational therapy in dementia: development of COTiD-UK 認知症のコミュニティ作業療法:COTiD-UKの開発
17 17 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加4 – 2 地域·参加4から2 地域における活動参加支援5 地域における活動参加支援5 CP 4-2-1 CP 4-2-1 Boeberg Jensen, Julie Boebergジェンセン、ジュリー Adapting to mealtimes: The lived experiences of elderly people with dysphagia 食事の時間に適応:嚥下障害高齢者の住んでいた経験を
18 18 CP 4-2-2 CP 4-2-2 Bontje, Peter Bontje、ピーター Managing uncertainty and disorder in everyday occupations of Japanese elderly with physical disabilities. 物理的な障害を持つ日本の高齢者の日常の職業に不確実性と障害を管理する。
19 19 CP 4-2-3 CP 4-2-3 Chiu, Teresa チウ、テレサ Enabling positive caregiving occupation: the meaning of family harmony and filial piety in Chinese families 中国の家族の中で家族の調和と孝行の意味:正介護の職業を有効にする
20 20 CP 4-2-4 CP 4-2-4 Larsson, Asa ラーション、アサ Reducing the material room in old age 老後の資料室を軽減
21 21 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加4 – 3 地域·参加4から3 地域に根ざしたO T 3 地域に根ざしたO、T 3 CP 4-3-1 CP 4-3-1 Farquhar, Michelle ファーカー、ミシェル A comparison of physical rehabilitation, from India to Australia and the UK: Different? インドからオーストラリア、英国への物理的なリハビリテーションの比較:違うのですか? Or in fact, similar? あるいは実際には、同じような?
22 22 CP 4-3-3 CP 4-3-3 Esquerdo Lopes, Roseli Esquerdoロペス、Roseli POOR YOUNGSTERS IN THE CITY: CONTRIBUTIONS OF SOCIAL OCCUPATIONAL THERAPY 市の貧しい若者:社会作業療法の寄与
23 23 CP 4-3-4 CP 4-3-4 石井 清志 石井清志 活動報告:タジキスタン小児リハビリテーション病院能力強化事業 活动报告:タジキスタン小児リハビリテーション病院能力強化事業
24 24 1 5 : 3 0 – 1 6 : 3 0 1 5:3 0から1 6:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 地域・参加4 – 4 地域·参加4から4 運転3 运転3 CP 4-4-1 CP 4-4-1 Cheong, Florence チョン、フィレンツェ Occupational Therapy Driving Assessment for Elderly Taxi Drivers in Singapore シンガポールでの高齢者のタクシー運転手のための作業療法ドライビングアセスメント
25 25 CP 4-4-3 CP 4-4-3 川村 直希 川村直希 高次脳機能障害患者に対する自動車運転評価 高次脳機能障害患者に対する自動車運転評価
26 26 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 災害4 – 1 灾害4から1 災害6 灾害6 DI 4-1-1 DI 4-1-1 進藤 浩美 进藤浩美 能登半島地震の作業療法県士会として取り組み 能登半島地震の作業療法県士会として取り組み
27 27 DI 4-1-2 DI 4-1-2 鷹觜 悦子 鹰觜悦子 震災から2年 被災した作業療法士が何を感じ,いかに過ごしてきたか? 震災から2年被災した作業療法士が何を感じ、いかに過ごしてきたか?
28 28 DI 4-1-3 DI 4-1-3 寺門 貴 寺门贵 福島県いわき市・南相馬市への災害支援活動報告 福島県いわき市·南相馬市への災害支援活動報告
29 29 DI 4-1-4 DI 4-1-4 Romagnoli, Francesco ロマニョーリ、フランチェスコ State of art of Occupational Therapy applicable to earthquake victims in Italy イタリアでの地震の被災者に適用される作業療法の技術の現状

page 3ページ3

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月21日(土) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月21日(土)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 カ 発表カ
テゴリー テゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 3 : 3 0 – 1 5 : 3 0 1 3:3 0から1 5:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 災害4 – 2 灾害4から2 災害関連 灾害关连 DI 4-2-1 DI 4-2-1 Cathrine, Arntzen はCathrine、アーンツェン The Bodily Experience of Apraxia in Everyday Activities: A Phenomenological Study 日常生活における失行の身体経験:現象学的研究
4 4 DI 4-2-2 DI 4-2-2 Njelesani, Janet Njelesani、ジャネット Using a Human Rights-Based Approach to Disability in Disaster Response 災 ​​害対応における障害に対する人権に基づくアプローチを用いて、
5 5 DI 4-2-3 DI 4-2-3 Scaffa, Marjorie E. Scaffa、マージョリーE. Resilience in the Aftermath of Disaster: A Trajectory Model for Intervention 災 ​​害の余波で回復力:介入の軌道モデル
6 6 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 教育4 – 1 教育4から1 教育方法3 教育方法3 ED 4-1-1 ED 4-1-1 McKay, Elizabeth Anne マッケイ、エリザベス·アン Widening Participation at University: Occupational therapy students’ perspectives of the ‘Headstart’ Transition Programme 大学での参加を拡大する:ヘッドスタート「トランジションプログラム作業療法学生のの視点」
7 7 ED 4-1-2 ED 4-1-2 Arblaster, Karen Arblaster、カレン Pedagogical practices that support consumer participation in mental health education: A structured review of the literature. メンタルヘルス教育における消費者の参加を支援する教育的実践:文学の構造化されたレビュー。
8 8 ED 4-1-3 ED 4-1-3 Halliwell, Victoria ハリウェル、ビクトリア州 Mapping Professionalism: An Exploration of Student Perceptions of Employability and Professional Identity マッピングプロフェッショナリズム:エンプロイアビリティと職業的アイデンティティの学生の認識の探索
9 9 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 教育4 – 2 教育4から2 O Tの養成教育1 O、Tの養成教育1 ED 4-2-1 ED 4-2-1 Anthony, Joseph アンソニー·ジョセフ Using virtual-patients in mental health training for future occupational therapists 今後の作業療法士のためのメンタルヘルス研修に仮想の患者を使用して
10 10 ED 4-2-3 ED 4-2-3 Hoppstaedter, Wiebke Hoppstaedter、Wiebke Tools for guiding OT-Students professional development through fieldwork education フィールドワーク教育を通じてOT-学生の専門能力開発を導くためのツール
11 11 ED 4-2-4 ED 4-2-4 Du Plooy, Eileen デュPlooy、アイリーン The efficacy of an undergraduate Occupational Therapy Work Practice curriculum to address the demands of clinical practice. 臨床現場の要求に対処するため、学部作業療法ワーク実践カリキュラムの有効性。
12 12 ED 4-2-5 ED 4-2-5 Lee, Hansaem リー、Hansaem Research on the correlation between the University student who experience social network and the quality of life. ソーシャルネットワークと生活の質を経験する大学の学生との相関に関する研究。
13 13 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 教育4 – 3 教育4から3 O Tの養成教育2 O、Tの養成教育2 ED 4-3-1 ED 4-3-1 Amerih, Husny Amerih、Husny Applying the Standards of Education of the WFOT to Selected OT Programs in the USA. 米国で選択OTプログラムWFOTの教育の基準を適用。
14 14 ED 4-3-2 ED 4-3-2 Cloete, Lizahn クルーティ、Lizahn Strategies for learning to promote human rights in the Occupational Therapy curriculum. 作業療法のカリキュラムに人権を促進するための学習のための戦略。
15 15 ED 4-3-3 ED 4-3-3 De Jongh, Jo-Celene デ·ヨング、ジョーCelene Integrating research into teaching and learning: Needs assessment for academic development 教育と学習の研究を統合すること:学術発展のためにニーズ評価
16 16 1 5 : 3 0 – 1 6 : 3 0 1 5:3 0から1 6:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 教育4 – 4 教育4から4 O Tの養成教育3 O、Tの養成教育3 ED 4-4-1 ED 4-4-1 Renton, Linda レントン、リンダ Delivering a Collaborative Occupational Therapy Educational Programmes in Greece and the UK; ギリシャ、英国の共同作業療法教育プログラムを提供する; a process for implementation. 実装方法。
17 17 ED 4-4-2 ED 4-4-2 Abejar, Maria Fe Abejar、マリア·鉄 OCCUPATIONAL THERAPY STUDENTS’ LEARNING STYLES: IMPLICATION TO PROFESSIONAL ACADEMIC TRAINING 作業療法学生の学習スタイル:プロフェッショナル、学習効果を高めることに意義
18 18 ED 4-4-3 ED 4-4-3 Buchanan, Helen ブキャナン、ヘレン Occupational therapy in physical health: third year student experiences of their first practice learning placement 身体の健康における作業療法:最初の練習の学習の配置の三年生の経験
19 19 1 5 : 3 0 – 1 6 : 3 0 1 5:3 0から1 6:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 教育4 – 5 教育4 – 5 O T教育の発展4 O、T教育の発展4 ED 4-5-1 ED 4-5-1 叢 麗 丛丽 伝統的中医学の中に見られる作業の治療的利用 伝統的中医学の中に見られる作業の治療的利用
20 20 ED 4-5-2 ED 4-5-2 DAmico, Mariana DAmico、マリアナ Sexuality: What is OT’s role working with individuals with developmental disabilities and their families? セクシュアリティ:発達障害者とその家族と協力し、OTの役割は何ですか?
21 21 ED 4-5-3 ED 4-5-3 G a u t h i e r – B o u dr e a u l t , G U T H I E R – B型OのUのDR E U L Tを、
C a mille Cミルフィーユ
Occupational therapy students as agent of change 変更のエージェントとして作業療法学生
22 22 ED 4-5-4 ED 4-5-4 Avrech Bar, Michal Avrechバー、ミハル Problem Based Learning in Occupational Therapy Curriculum Implications and challenges 作業療法カリキュラムへの影響と課題に問題ベースの学習
23 23 ED 4-5-5 ED 4-5-5 Bouckaert, Leen Bouckaert、リーン Health education and prevention by using educational games 教育ゲームを使用して、健康教育と予防
24 24 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 老年期障害4 – 1 老年期障害4から1 高齢者と作業2 高齢者と作業2 EL 4-1-1 EL 4-1-1 Lin, Mei-Ling 林、メイ·リン What is it like to be a grandmother? それは祖母になりたいとは?
25 25 EL 4-1-3 EL 4-1-3 Krishnagiri, Sheama クリシュナギリ、Sheama Occupational Shifts in Elder South Asian Immigrants エルダー南アジア移民における職業シフト

page 4ページ4

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月21日(土) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月21日(土)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 カ 発表カ
テゴリー テゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 老年期障害4 – 2 老年期障害4から2 地域での実践4 地域実践4 EL 4-2-1 EL 4-2-1 苅山 和生 苅山和生 日本における認知症カフェの現状とこれから 日本における認知症カフェの現状とこれから
4 4 EL 4-2-2 EL 4-2-2 務台 均 务台均 リハビリテーション病棟から退院した脳卒中患者の長期予後 リハビリテーション病棟から退院した脳卒中患者の長期予後
5 5 EL 4-2-3 EL 4-2-3 松本 瞳 松本瞳 認知症カフェと居宅においての初期認知症者に対する作業療法士のスタンス
6 6 EL 4-2-4 EL 4-2-4 冨山 直輝 冨山直辉 認知機能の違いによる運動パフォーマンスの比較 認知機能の違いによる運動パフォーマンスの比較
7 7 EL 4-2-5 EL 4-2-5 中村 めぐみ 中村めぐみ 地域における専門学校を拠点とした介護予防の取り組み 地域における専門学校を拠点とした介護予防の取り組み
8 8 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 老年期障害4 – 3 老年期障害4から3 地域での実践5 地域実践5 EL 4-3-1 EL 4-3-1 小林 隆司 小林隆司 訪問作業療法士に必要な素養とは 訪問作業療法士に必要な素養とは
9 9 EL 4-3-2 EL 4-3-2 黒瀬 博子 黒瀬博子 重度の関節リウマチ者に対する訪問サービスによる自立生活支援 重度の関節リウマチ者に対する訪問サービスによる自立生活支援
10 10 EL 4-3-3 EL 4-3-3 石井 岳宏 石井岳宏 作業に焦点を当てた認知症患者への訪問作業療法の効果について 作業に焦点を当てた認知症患者への訪問作業療法の効果について
11 11 EL 4-3-4 EL 4-3-4 藤田 高史 藤田高史 A市介護予防教室参加者の生活状況実態調査 市介護予防教室参加者の生活状況実態調査
12 12 EL 4-3-5 EL 4-3-5 白井 美奈子 白井美奈子 退院1年後における大腿骨近位部骨折患者の自宅入浴状況調査 退院1年後における大腿骨近位部骨折患者の自宅入浴状況調査
13 13 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 老年期障害4 – 4 老年期障害4から4 高齢者と作業3 高齢者と作業3 EL 4-4-1 EL 4-4-1 D e r a k h s h a n R a d, S e y e d D Eは、n個のR D、S EはY EはD KのH用S H rを
A lir e za LIR E ZA
Neuro-occupation 神経職業
14 14 EL 4-4-2 EL 4-4-2 Nilsson, Ingeborg ニルソン、インゲボルグ The role of leisure engagement in an aging population 高齢化人口のレジャー関与の役割
15 15 EL 4-4-3 EL 4-4-3 Rosenberg, Lena ローゼンバーグ、レナ Learning and using technology in intertwined processes: A study of people with MCI or Alzheimer’s disease 絡み合ったプロセスの学習と技術を使用して:MCIまたはアルツハイマー病を持つ人々の研究を
16 16 EL 4-4-4 EL 4-4-4 Wada, Mineko 和田、峰子 Canadian Media Portrayals of Sexual and Relationship-Oriented Occupations in Later Life 後年に性的関係指向職業のカナダのメディア描写
17 17 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 精神障害4 – 1 精神障害4から1 地域と精神保健3 地域と精神保健3 MH 4-1-1 MH 4-1-1 Petek, Jozica Petek、Jozica Simple can be effective 簡単な、効果的なことができます
18 18 MH 4-1-2 MH 4-1-2 Haertl, Kristine Haertl、クリスティン The Utility of Program Evaluation プログラム評価の有用性
19 19 MH 4-1-3 MH 4-1-3 Blank, Alison Anne 空白、アリソンアン How do people living with mental health and substance misuse problems experience belonging and social connectedness in their community? どのように人々は彼らのコミュニティの精神的健康と物質誤用の問題属する経験と社会的つながりと住んでいるのですか?
20 20 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 精神障害4 – 2 精神障害4から2 地域と精神保健4 地域と精神保健4 MH 4-2-1 MH 4-2-1 辻 陽子 辻阳子 地域生活を送る統合失調症患者に対する支援の方向性を他職種と共有化する方法の検討
21 21 MH 4-2-2 MH 4-2-2 巽 絵理 巽絵理 大阪府柏原市に在住する精神障害者の社会参加のニーズ調査 大阪府柏原市に在住する精神障害者の社会参加のニーズ調査
22 22 MH 4-2-3 MH 4-2-3 Lee, Shu-Chun リー、シュウ·チュン Factors of Health-Related Quality of Life in Clients with Severe and Persistent Mental Illness in Community Psychiatric Rehabilitation Centers コミュニティ精神リハビリテーションセンターにおける重症で持続的精神疾患を持つクライアントでの生活の健康関連QOLの要因
23 23 MH 4-2-4 MH 4-2-4 Argentzell, Elisabeth Argentzell、エリザベート Perceptions of the worker role among people with psychiatric disabilities Description and investigation of associated factors 関連する要因の精神科障害の説明と調査した人々の間でWorkerロールの認識
24 24 MH 4-2-5 MH 4-2-5 Tjornstrand, Carina Tjornstrand、カリーナ P s y c h o m e t ric t e s t i n g o f a s e lf – r e p o rt m e a s u re o f e n g a g e m e n t in pr o d u ctive o c c u p a t i o n s a n d f a ct o rs i n fl u e n ci n g o c c u p a t i o n a l e n g a g e m e n t in d a y c e n t e rs
f o r p e o ple w i t h p s y c h i a t ric di s a biliti e s ディ·S A biliti E S IがT RIC F O R P E O PLE W I T H P S Y C型H
25 25 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 精神障害4 – 3 精神障害4から3 世界の精神保健 世界の精神保健 MH 4-3-1 MH 4-3-1 Fransen-Jaibi, Henrica JM Fransen-Jaibi、Henrica JM Examining the partnership process: insights from an international experience 国際的な経験からの洞察:パートナーシップ·プロセスを調べる
26 26 MH 4-3-2 MH 4-3-2 舩越 紀子 舩越纪子 日本とフランスにおける成人精神科作業療法の比較分析 日本とフランスにおける成人精神科作業療法の比較分析
27 27 MH 4-3-3 MH 4-3-3 McDonough, Susan マクド、スーザン Occupational Therapy and Transcultural Mental Health 作業療法および文化間メンタルヘルス
28 28 MH 4-3-4 MH 4-3-4 Bannigan, Katrina Bannigan、カトリーナ The WFOT global survey of mental health practice in occupational therapy 作業療法におけるメンタルヘルスの実践のWFOTグローバルサーベイ

page 5ページ5

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月21日(土) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月21日(土)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 カ 発表カ
テゴリー テゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 5 : 3 0 – 1 6 : 3 0 1 5:3 0から1 6:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 精神障害4 – 4 精神障害4から4 精神保健と作業の活用 精神保健と作業活用
2 2
MH 4-4-1 MH 4-4-1 Kim, Hagyun キム、Hagyun Re-valuing self through occupation 職業を通して再評価する際の自己
4 4 MH 4-4-2 MH 4-4-2 Aranda-Kilian, Lucia アランダ·キリアン、ルチア EMPOWERMENT THROUGH PUPPETS IN OCCUPATIONAL THERAPY 作業療法におけるPUPPETSスルーエンパワーメント
5 5 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 身体障害4 – 1 身体障害4から1 O T介入と諸機能1 O、T介入と諸機能1 PD 4-1-1 PD 4-1-1 Wilby, Helen ウィルビー、ヘレン Enhancing knowing and well-being through person-centred assessment in acute, physical hospital settings 知るを強化し、急性の、物理的な病院環境内の人物を中心とした評価を通じて幸福
6 6 PD 4-1-2 PD 4-1-2 稲田 雅也 稲田雅也 上肢悪性軟部腫瘍患者に対する患肢温存術後の上肢機能の変化とADL,QOLの関係
7 7 PD 4-1-3 PD 4-1-3 車井 元樹 车井元树 利き手の連続的運動学習が非利き手の運動の上達に及ぼす影響 利き手の連続的運動学習が非利き手の運動の上達に及ぼす影響
8 8 PD 4-1-4 PD 4-1-4 von Bulow, Cecilie フォン·ビューロー、セシリー Is it possible to improve ADL ability among women with fibromyalgia? それは線維筋痛症の女性の間で、ADLの能力を向上させることは可能ですか?
9 9 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害4 – 2 身体障害4から2 上肢機能への介入1 上肢機能への介入1 PD 4-2-1 PD 4-2-1 Sims, Tara S シムズ、タラS The Views and Experiences of UK Occupational Therapists working in Pediatric Upper Limb Prosthetics in the NHS 英国作業療法士の意見や経験は、NHSで小児上肢義肢で働く
10 10 PD 4-2-2 PD 4-2-2 三浦 裕幸 三浦裕幸 頚髄症患者における上肢運動機能とHAND20の術前~術後3ヶ月までの経時的変化
11 11 PD 4-2-3 PD 4-2-3 宮寺 亮輔 宫寺亮辅 リハビリテーションや生活の場面で評価できる簡便な上肢機能検査開発の試み
12 12 PD 4-2-4 PD 4-2-4 守山 峻 守山峻 当院における熱傷急性期作業療法の実施状況ついて 当院における熱傷急性期作業療法の実施状況ついて
13 13 PD 4-2-5 PD 4-2-5 YANG, ZIXIAN 陽、ZIXIAN Effects of OT treatment in managing pain and upper limb function for people with tennis elbow: An observational study. テニス肘を持つ人々のための痛みと上肢機能を管理する上でのOT治療の効果:観察研究。
14 14 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害4 – 3 身体障害4から3 O T介入と諸機能2 O、T介入と諸機能2 PD 4-3-1 PD 4-3-1 岡本 咲子 冈本咲子 終末期がんリハビリテーションにおける作業療法士の可能性 終末期がんリハビリテーションにおける作業療法士の可能性
15 15 PD 4-3-2 PD 4-3-2 白砂 寛基 白砂寛基 がんの作業療法の症例報告集積による評価と介入方針の分析 がんの作業療法の症例報告集積による評価と介入方針の分析
16 16 PD 4-3-3 PD 4-3-3 森 光代 森光代 上肢熱傷急性期のOTの視点 上肢熱傷急性期のOTの視点
17 17 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害4 – 4 身体障害4から4 中枢神経疾患への介入 中枢神経疾患への介入 PD 4-4-1 PD 4-4-1 後藤 啓士郎 后藤启士郎 急性期病院の脳卒中診療における作業療法士の役割 急性期病院の脳卒中診療における作業療法士の役割
18 18 PD 4-4-2 PD 4-4-2 道又 顕 道又顕 脳卒中急性期病院での作業療法部門開設の効果 脳卒中急性期病院での作業療法部門開設の効果
19 19 PD 4-4-3 PD 4-4-3 Ma, Hui-Ing MA、ホイ-イング Using virtual moving targets to improve arm movement and standing postural control in patients with Parkinson’s disease 腕の動きを改善するために、仮想移動ターゲットを使用し、パーキンソン病の患者における姿勢制御に立っ
20 20 PD 4-4-5 PD 4-4-5 中西 一 中西一 パーキンソン病患者の運動イメージ能力と上肢機能の関係について パーキンソン病患者の運動イメージ能力と上肢機能の関係について
21 21 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害4 – 5 身体障害4 – 5 上肢機能への介入2 上肢機能への介入2 PD 4-5-1 PD 4-5-1 櫻井 利康 樱井利康 ZoneⅠ・Ⅱ屈筋腱断裂一次縫合後の入院期間・治療成績に及ぼす因子 ゾーンⅠ·Ⅱ屈筋腱断裂一次縫合後の入院期間·治療成績に及ぼす因子
22 22 PD 4-5-2 PD 4-5-2 三輪 一馬 三轮一马 可動型創外固定器を用いた手指PIP関節脱臼骨折の術後可動域に関する検討 可動型創外固定器を用いた手指PIP関節脱臼骨折の術後可動域に関する検討
23 23 PD 4-5-3 PD 4-5-3 長南 行浩 长南行浩 指屈筋腱blocking exerciseにおける掌側圧迫力と屈筋腱張力の関係 指屈筋腱阻止運動における掌側圧迫力と屈筋腱張力の関係
24 24 PD 4-5-4 PD 4-5-4 越後 歩 越后歩 Kleinert変法における浅指・深指屈筋腱の滑走距離について クライネルト変法における浅指·深指屈筋腱の滑走距離について
25 25 PD 4-5-5 PD 4-5-5 Akel Burcu Semin Akelブルジュセミン Comparison of occupational therapy training in two different environments in upper extremity injuries 上肢の傷害2つの異なる環境での作業療法の訓練の比較

page 6 6ページ

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月21日(土) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月21日(土)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 カ 発表カ
テゴリー テゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害4 – 6 身体障害4から6 上肢機能への介入3 上肢機能への介入3 PD 4-6-1 PD 4-6-1 光金 正官 光金正官 手関節背屈動作の反復が橈骨遠位端骨折症例の握力値に及ぼす即自的効果 手関節背屈動作の反復が橈骨遠位端骨折症例の握力値に及ぼす即自的効果
4 4 PD 4-6-2 PD 4-6-2 小林 毅 小林毅 日本国内のサリドマイド胎芽病者の生活実態 日本国内のサリドマイド胎芽病者の生活実態
5 5 PD 4-6-3 PD 4-6-3 竹内 佳子 竹内佳子 右手尺骨神経損傷を伴う両手複合損傷の一症例 右手尺骨神経損傷を伴う両手複合損傷の一症例
6 6 PD 4-6-4 PD 4-6-4 石田 幸平 石田幸平 急性期入院の重症熱傷患者のADL 急性期入院の重症熱傷患者のADL
7 7 PD 4-6-5 PD 4-6-5 Mansson Lexell, Eva Mansson Lexell、エヴァ THE REHABILITATION PLAN CAN FACILITATE ADAPTATION IN PEOPLE WITH LATE EFFECTS OF POLIO 再生計画、ポリオの晩期を持つ人々の適応を容易にすることができる
8 8 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 身体障害4 – 7 身体障害4から7 脳卒中後の介入3 脳卒中介入3 PD 4-7-1 PD 4-7-1 Krumlinde Sundholm, Lena Krumlinde Sundholm、レナ Development of the Assisting Hand Assessment-Stroke: A Rasch-built Performance Measure for Adults with acquired hemiparesis. 獲得した片麻痺と大人のためのラッシュを内蔵パフォーマンス測定:支援の手アセスメントストロークの開発。
9 9 PD 4-7-2 PD 4-7-2 Tham, Kerstin THAM、カースティン Engaging occupations contributing to change in the recovery process after stroke 脳卒中後の回復過程の変化に寄与して係合させる職業
10 10 PD 4-7-3 PD 4-7-3 Kizony, Rachel Kizony、レイチェル Evaluation of a Tele-Rehabilitation System for improving use of the impaired upper extremity in daily activities of people with Stroke 脳卒中の人々の日々の活動における減損上肢の使用を改善するための遠隔リハビリテーションシステムの評価
11 11 PD 4-7-4 PD 4-7-4 Whitehead, Phillip ホワイトヘッド、フィリップ Which patients with a stroke are believed to need a predischarge home visit by occupational therapists? 脳卒中患者は、作業療法士による予備放電家庭訪問を必要とすると考えられている? A qualitative and quantitative investigation 定性的および定量的な調査
12 12 1 5 : 3 0 – 1 6 : 3 0 1 5:3 0から1 6:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害4 – 8 身体障害4から8 身体障害と参加 身体障害と参加 PD 4-8-2 PD 4-8-2 Bumin, Gonca Bumin、Gonca ENVIRONMENTAL PERCEPTION AND SOCIAL PARTICIPATION OF AMATEUR AND PROFESSIONAL ATHLETES WITH DISABILITIES 環境認識と障害を持つアマチュアとプロ選手の社会参加
13 13 PD 4-8-4 PD 4-8-4 Perr, Anita PERR、アニタ A Model of Wheelchair Users’ Participation in Community-based, Discretionary Activities 地域に根ざし、裁量活動における車いすユーザーの参加のモデル
14 14 1 5 : 3 0 – 1 6 : 3 0 1 5:3 0から1 6:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 身体障害4 – 9 身体障害4から9 高次脳機能障害と仕事 高次脳機能障害と仕事 PD 4-9-1 PD 4-9-1 酒井 弘美 酒井弘美 バーチャルリアリティ技術を用いた高次脳機能評価システムの開発 バーチャルリアリティ技術を用いた高次脳機能評価システムの開発
15 15 PD 4-9-2 PD 4-9-2 清水 祐子 清水佑子 医療機関における高次脳機能障害者への訓練プログラムについて 医療機関における高次脳機能障害者への訓練プログラムについて
16 16 PD 4-9-3 PD 4-9-3 McEvoy, Orla P. McEvoyさん、オーラP. A Service Evaluation of the Effectiveness and Efficiency of an Education Group in an Outpatient Brain Injury Rehabilitation Setting 外来脳損傷リハビリテーションの設定で教育グループの有効性と効率性のサービス評価
17 17 PD 4-9-4 PD 4-9-4 宮原 智子 宫原智子 高次脳機能障害者のself-awareness(自己の気づき)に対する作業前に結果予測及び戦略を意識付けた介入の有効性に関する検討
18 18 PD 4-9-5 PD 4-9-5 室田 由佳 室田由佳 高次脳機能センターで支援した人の就労継続要因 高次脳機能センターで支援した人の就労継続要因
19 19 0 8 : 3 0 – 1 0 : 0 0 0 8:3 0 – 1 0:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 研究・E B P 4 – 1 研究·E·B、P 4から1 臨床研究4 临床研究4 RE 4-1-1 4-1-1 RE Shafaroodi, Narges Shafaroodi、Narges Factors affecting Clinical reasoning: A Qualitative Study 臨床推論に影響を与える要因:質的研究
20 20 RE 4-1-2 4-1-2 RE Unger, Julia アンガー、ジュリア Concepts Important to Persons with SLE and Their Coverage by Disease-Specific Patient Reported Outcomes Assessing Quality of Life 生活の質を評価する疾患特異的患者報告アウトカムによって、SLEとその適用範囲を持つ人への重要な概念
21 21 RE 4-1-3 4-1-3 RE Dur, Mona DUR、モナ T h e o c c u p a t i o n a l b a l a n ce q u e s t i o n n a ir e : D e v e l o p e d o n e mpiric a l q u a li t a t ive d a t a a n d t o g e t h e r w i t h p e o ple w i t h a n d w i t h o u t c h r o n ic a lly a u t o imm u n e
di s e a s e s ディ·S E A S E S
22 22 RE 4-1-4 4-1-4 RE Johansson, Malin ヨハンソン、マリン The experiences of regaining the mealtime process after a high spinal cord injury 高脊髄損傷後の食事時間プロセスを取り戻すの経験
23 23 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 研究・E B P 4 – 2 研究·E·B、P 4から2 各国の作業療法実践 各国の作業療法実践
3 3
RE 4-2-1 4-2-1 RE 森下 賀子 森下贺子 ドミニカ共和国における中途身体障害者のQOL調査 ドミニカ共和国における中途身体障害者のQOL调查
24 24 RE 4-2-2 4-2-2 RE 西出 康晴 西出康晴 日本作業療法士協会生涯教育制度の変遷と現状そして今後の課題 日本作業療法士協会生涯教育制度の変遷と現状そして今後の課題
25 25 RE 4-2-3 4-2-3 RE Hendricks, Fatima ヘンドリックス、ファティマ Factors to Consider when Planning an Electronic Health Record (EHR) System Implementation: Global Lessons for South Africa 電子カルテ(EHR)システムの実装を計画する際に考慮すべき要素:南アフリカのためのグローバルレッスン
26 26 RE 4-2-5 4-2-5 RE Lin, Guohui 林、Guohui Promoting Professional Occupational Therapy Education with WFOT Minimal Standards in China Mainland 中国本土でのWFOT最小基準を持つプロの作業療法教育の推進

page 7 7ページ

A A B B C C言語 D D E E F F G G
1 1 2014年6月21日(土) 口述発表スケジュール @パシフィコ横浜 会議センター 2014年6月21日(土)口述発表スケジュール@パシフィコ横浜会議センター
2 2 時間 时间 発表 カ 発表カ
テゴリー テゴリー
セッションカテゴリー セッションカテゴリー セッションテーマ セッションテーマ 演題番号 演题番号 演題筆頭者名 演题笔头者名 演題タイトル 演題タイトル
3 3 1 0 : 3 0 – 1 1 : 3 0 1 0:3 0 – 1 1:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 研究・E B P 4 – 3 研究·E·B、P 4から3 作業療法のためのE B P 作業療法めの、E、B、P
3 3
RE 4-3-1 4-3-1 RE 鎌田 陽之 镰田阳之 認知症高齢者における作業的変化のカテゴリーの作成 認知症高齢者における作業的変化のカテゴリーの作成
4 4 RE 4-3-2 4-3-2 RE 吉澤 久実 吉泽久実 慢性期の脳卒中利き手片麻痺患者の患側箸動作再獲得における因子の検討 慢性期の脳卒中利き手片麻痺患者の患側箸動作再獲得における因子の検討
5 5 RE 4-3-3 4-3-3 RE 関 優樹 关优树 連続的運動学習に伴う大脳皮質感覚運動野周辺領域の脳血流変化について 連続的運動学習に伴う大脳皮質感覚運動野周辺領域の脳血流変化について
6 6 RE 4-3-4 4-3-4 RE Hinojosa, Jim イノホサ、ジム Frame of References for Evidence-based Practice エビデンスに基づく実践の参照のフレーム
7 7 RE 4-3-5 4-3-5 RE Roh, Hyo-Lyun 盧大統領、ヒョリLyun A Study of the Influence of Hat Shape on Visual Perception and Balance 視知覚とバランス上のハット形状の影響に関する研究
8 8 1 5 : 3 0 – 1 6 : 3 0 1 5:3 0から1 6:3 0 O R A L 1 0 O R、L 1 0 研究・E B P 4 – 4 研究·E·B、P 4から4 イフスタイル ライフスタイル RE 4-4-1 4-4-1 RE 野尻 明子 野尻明子 姿勢と活動が睡眠におよぼす影響についての検討 姿勢と活動が睡眠におよぼす影響についての検討
9 9 RE 4-4-2 4-4-2 RE 鈴木 浩之 铃木浩之 生活様式の違いにおける活動割合と膝関節屈曲角度との関連性 生活様式の違いにおける活動割合と膝関節屈曲角度との関連性
10 10 RE 4-4-3 4-4-3 RE 上田 篤史 上田笃史 エジソン箸使用による学習効果 エジソン箸使用による学習効果
11 11 RE 4-4-4 4-4-4 RE 中村 守吾 中村守吾 ボールローリングエクササイズは健常若年者における非利き手の手指巧緻性と箸操作を改善する
12 12 RE 4-4-5 4-4-5 RE 梅崎 園美 梅崎园美 湯張り浴槽へのまたぎ動作の運動特性に関する研究 湯張り浴槽へのまたぎ動作の運動特性に関する研究
13 13 1 5 : 3 0 – 1 6 : 3 0 1 5:3 0から1 6:3 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 研究・E B P 4 – 5 研究·E·B、P 4から5 新たな挑戦 新たな挑戦 RE 4-5-1 4-5-1 RE 寺村 健三 寺村健三 温熱負荷によるInterleukin-6の上昇反応は頚髄損傷者において抑制される 温熱負荷によるインターロイキン6の上昇反応は頚髄損傷者において抑制される
14 14 RE 4-5-2 4-5-2 RE Farquhar, Bronwyn R ファーカー、ブロンウィンR A Planned and Proactive Approach to Caring for the Aged at Home ホームで高齢のお手入れに計画し、積極的なアプローチ
15 15 RE 4-5-3 4-5-3 RE Lim, Hui Xian Michelle LIM、ホイ西安ミシェル Characterising Patients with Tennis Elbow with Different Recovery Trajectories Using Growth Mixture Modelling 成長混合モデリングを使用して、異なる回復軌道にテニス肘の患者をCharacterising
16 16 1 3 : 3 0 – 1 5 : 0 0 1 3:3 0 – 1 5:0 0 O R A L 2 0 O R、L 2 0 理論4 – 1 理论4から1 作業療法の英知 作業療法英知 TH 4-1-1 TH 4-1-1 近藤 知子 近藤知子 作業療法における作業科学の役割 作業療法における作業科学の役割
17 17 TH 4-1-2 TH 4-1-2 Whalley Hammell, Karen ウォーリーHammell、カレン Respecting global wisdom: Enhancing the cultural relevance of occupational therapy’s theoretical base グローバルな知恵を尊重:作業療法の理論的基盤の文化的関連性を強化
18 18 TH 4-1-3 TH 4-1-3 Clouston, Teena J. Clouston、ティーナJ. Knowledge of our forefathers: The lost wisdom of lifestyle balance 私たちの祖先の知識:ライフスタイルのバランスを失った知恵
19 19 TH 4-1-4 TH 4-1-4 Cifuentes, Diego Cifuentes、ディエゴ SOCIAL ACTORS: 社会俳優:


 

 

英語の原文テキスト:
SS 09-1
翻訳を改善する