至空会では、このたび、プロピアニストの赤津ストヤーノフ樹里亜さんをお招きして、「癒やしのピアノ・コンサート」を開催しました。

 

写真は、コンサート終了後のサイン会とピアノ演奏の合間の朗読です。

 

各施設からたくさんのメンバーさん、患者さんがお越しになり、オリジナル曲から知っているメロディーまで幅広いピアノ演奏に、いい時間を過ごすことができました。

 

会場となった至空会ホールは、今は主に遊戯療法や様々なデイケア活動の場として使われています。開院時は専門家が音響設計を行い、音楽ホールとしての役割も期待されていました。今も音楽療法やバンド演奏のデイケアプログラムがあり、音楽を行う場でもあります。今回、床を張り替えたり、新たにデジタルアンプやボイスエフェクタなども導入し、機器を更新しました。元々、アクト中ホールで使われているものと同じスピーカなどが備わっており、相当凝った作りになっています。それを活かす形で、ある意味リニュアル後の「こけら落とし公演」としてのコンサートでもありました。

 

赤津さんも「小さなクリニックで、こんなに素晴らしいホールを持っているところは聞いたことがない。世界一だと思います」と、その音の良さをほめてくださいました。多少の過分なお褒めもあるかもしれませんが、コンサート終了後にスタッフやメンバーさんあちこちから聞かれたのが、「こんなに響きが良いとは思わなかった」というお声です。まるで、赤津さんの声やピアノの演奏が、星空から降り注いでくるような、そんなことを言う方が大半でした。私もそう思いました。音楽好きのスタッフも同様のことを言っており「アクト中ホールの音の作りにそっくりだ」とのことでした。

 

もちろん、そのホールに、今回の赤津さんのピアノ演奏やボーカルがとてもマッチしていたからこそ、このコンサートが素敵なものになったと思います。

 

開始早々、数人の子どもたちが壁を叩いたり足踏みしたりしていました。赤津さんもお気づきになっていて、「その子どもなりのリズムの取り方で、なんだか良かったですよ」とおっしゃっていました。また、ずっと居ることが難しいと思っていたデイケアメンバーさんが、しっとりと気持ちよさそうに聞いていたり、あまりの気持ちよさにうとうとするスタッフやメンバーさんもたくさんいました。

 

個人的には、後半の「The tree of comfort」がとても好きです。赤津さんのボーカルが、降り注いで包み込んでくるようなこの曲を子守唄に居眠りしたかったのですが、あいにく音響PA担当だったので、それ儚いませんでした。でも、リハーサルで赤津さんの演奏を独り占めできたのは、良かったです。

 

この、ふんわりした雰囲気もありながら、1音1音緻密に組み立てている感もあり、それが赤津さんの演奏の好きなところです。

 

終了後、スタッフ有志で赤津さんを囲んでおつかれさま会をしました。1日中演奏してお疲れなのに、みんなでたくさん飲んで、食べて、大笑いして、赤津さんの普通の素顔にも触れ、楽しい時間を過ごすことができました。

 

このコンサートは、昨秋の日本デイケア学会で、レセプションの中でのミニコンサートでした。意気投合した理事長が、その場で「コンサートをやりましょう」と即決、目の前にいたスタッフが実行委員として決まってしまいました。私たちの仕事は基本的に医療福祉の仕事です。仕事とはいえまさか、コンサート運営をやることになるとは。ただ、委員の動きが遅く、本当はもっとたくさん外来で通われているお子さんたちにも来ていただきたかったのですが、周知期間が短すぎたりして、せっかく音楽好きの親子さんたちには、ご迷惑をおかけすることになってしまいました。不慣れだったとはいえ、今後の課題です。とはいえ、素人運営で大丈夫かと心配でしたが、最終的にたくさんの方々のご協力で、コンサートは無事に終了しました。この場をお借りして、関係の皆様、またご参加いただいたメンバーさんには感謝したいと思います。どうもありがとうございました。

 

 

 

セットリスト

青い鳥

森の朝

Finlandia op.26

はとぽっぽ

七つの子

羊は安らかに草を食み

ブルガリア民謡

秘密の花園~エステル~

The tree of comfort

ひばり

白鳥

マズルカ第19番 op.30-2

夢見るふくろうさん

Jupiter

Bahiaの思い出

喜びの歌

上を向いて歩こう(アンコール)

 

 

本日、ダダホールで開催される、赤津ストヤーノフ樹里亜さんのピアノコンサート、ただいまリハーサル中です。

至空会にはたくさんの職種のスタッフがいます。それぞれの業界団体の学会のお手伝いをすることも多いのですが、今回は第29回静岡県作業療法学会のお手伝いに各施設からOTスタッフが行きました。

 

今回、自主製品の餃子で有名な「はまかぜ」さん(三方原病院)も、餃子とチャーハンのお弁当を出品していたりでした。

 

ところで、その合間をぬって、それぞれがポスター発表や教育講演を聞きにいったりしたのですが、当ブログ筆者は市民公開もされていた、ホスピス医師の山崎章郎先生の特別講演を聞きに行きました。

 

「苦しむ人々と向き合う〜スピリチュアルペインとそのケア」という題名です。

 

スピリチュアル、というと非常に怪しい響きであり、なんだかおかしな話にもなりかねないテーマですが、山崎先生のおっしゃる「スピリチュアルペイン」というのは、そういうオカルト的な話ではありません。

 

病気や障害によって、人生の意味を喪ってしまったり、活動が低下したり、その運命を恨んだり、家族への重荷を心配したり、過去を悔いる気持ちで苦しくなったり、希望を見出せない孤独感に苛まれたり、といった様々な苦しみが人にはおよぼされてしまいます。

 

そこから、自分と他者(相手は人であったり、社会であったり)との関係性がうまくいかなくなってきて、そのできないつらさ、というのが「スピリチュアルペイン」(魂の苦しみ、とでも訳したらいいのでしょうか)というものになっていくということです。

 

山崎先生は、がんの終末期ケアをメインにされている先生ですが、最後に「これは何もがん患者さんに限った話ではない、みなさんが日々向き合われている、様々な病気や障害の患者さんたちにとっても、また、健康とされている人々にとっても、スピリチュアルペインのケアが必要なことなのです」と結ばれていました。(意訳です)

 

私も同感です。至空会の利用者さんたちも、対人関係が苦手だったり、働くことなど社会との関係も難しかったり、だからこそ私たちを頼ってくださって、私たちはそれに応えようと様々な取り組みをしています。

 

私事ですが、この道を目指したきっかけは、二十数年前に図書館の片隅で出会った、山崎先生の著書「病院で死ぬということ」でした。そして今までその本は、終末期ケアのことを書いたエッセイだと思っていましたが、実は、今の仕事に根本でつながってくる内容であったことを、やっと知りました。

 

山崎先生は講演の最初に「私が南極で船医をしていたときの写真です」と船の上での写真を見せ、続いて「船に乗っている間はきっと時間もたくさんあろうかと、何冊も本を持ち込みました。それが私の人生を変えてしまったのです」と、キューブラー・ロスさんの「死ぬ瞬間」という本の表紙をスライドで出しました。その後、「それから数年して、ご本人にお会いする機会がありました。目の前に、自分の人生を変えてくれた人がいました」とお話しになりました。

 

私も、まさに同じ気持ちでした。

 

時間の都合上、質疑応答もなく、山崎先生もすぐに帰られてしまったため、直接お話しをすることはできませんでしたが、これからも天竜川から浜名湖の間で、子どもも大人も幸せに生きていける地域作りの社会運動をがんばろうと思います。

 

(※本投稿はスタッフの個人的な感想であり、法人としての見解を表明しているものではありません)

こんにちは。ワークだんだんです。

ワークだんだんでは、作業活動の1つとして農作業(通称:外作業)を行っています。

外作業は、スタッフとメンバーさんがグループとなり、協力農家さんへ出向きます。そこで、草取りや作物の苗植え、収穫などのお手伝いをさせていただく活動です。

協力してくださる農家さんは複数あり、月曜から木曜まで日替わりで作業を頂いています。

今回は南区にある農家さんにて、草取りの作業をしてきました。

作業前↓

image

作業後↓

image

5人でこんなにたくさんの草が取れました!!

image

仕事をするうえで身体を使うことはよくあります。
この外作業を通してチームワークよく仕事ができ、身体を上手く使えるようになることはかなり役立つものだと思います。

この土地は今後、ネギを作るということです。

畑の様子を年間通して追いながら作業活動ができるので、勉強にもなります。

決勝リーグは三重県代表と名古屋市代表と試合をしました!

結果は、、、

2敗で、3位でした(;_;)(;_;)

練習時間も短く、準備不足もありましたが、それぞれ自分のできることを精一杯やってくれていました!

初参加のメンバーもピンチサーバーで出たり、コートで懸命に動いていました!
家族以外との初めてのお泊まりともなり、たくさんの経験ができたようです。

そして、いつもチームを引っ張ってくれている男性メンバーのAくん。

怒ってしまうことが多かったですが、チームの誰よりも声を出し、ボールがどこかに行けば1番に取りに行き、相手選手への気遣いもしていました。
試合は彼頼みになることが多く、3人分くらい動き回り、負担も大きかったように感じます。

試合後、そんな彼の目からは大粒の涙が出ていました。他のメンバーも自然と駆け寄り、「お疲れ様」と拍手を送っていました。

来月は西部地区大会もありますが、一旦仕切り直しです!

また、みんなでだんだんのスポーツを盛り上げていきたいです!!!

今から試合です!

頑張ります\(^o^)/