第2スタッフ の投稿

第2スタッフです。

写真は浜松市の特産品紹介ホームページのものですが、この「かつおのお刺身」はただのカツオではないんです。そう、知る人ぞ知る「もちがつお」です。

独特のモチモチ感とねっとりした感じは、新鮮すぎるカツオだからこそ。普通のカツオのお刺身も美味しいですが、もちがつおはまさに別物ではないかと思うほどです。

さてさて、このもちがつお、今がシーズンなのですが、年によってまったく漁でとれない年もあったりで、毎日お魚屋さんにあるわけではありません。海の天候が荒れれば漁はお休みですし、冷蔵や冷凍で保存できるものでもないので、「あったら買って食べる(とりあえず値段は考えず)」が基本となります。

今年は、出足こそ少量で値段も高かったものの、近年にないくらいの大豊漁。黒潮の位置が遠州灘に近いからだと思われます。先週は海が荒れていて漁が少なくほとんど水揚げもなかったのですが、ここ3〜4週間くらい漁があれば魚屋さんに並んでいます。しかも、大漁続きだそうで、普通のカツオより若干高い程度で買えたりすることもあります。

以前からこの季節になると、第2デイケアでも「もちがつお食べたいなあ」の話題になります。「もちがつおって何?」というメンバーさんもいますが、食べたことがある人はわかるけれど、食べないとあの美味しさはなかなか表現できません。そうなると、どうしても食べてみたくなるのが人情というもの。ただ、漁があって値段もそこそこ手の届く範囲でないと買えないので、ずっと幻のもちがつおでした。

それが今年は豊漁ということもあり、またもちがつおを扱うスーパーがメンバーさんたちが住んでいる周辺にもできたりしたこともあって、「買えた!(しかも安く)」とか「初めて食べた!」とかいう声が聞かれるようになりました。

先日のいちご狩りのときも、昼食時に福田漁港の海の駅に寄ったのですが、もちがつおが売っていたそうで、食べていたスタッフやメンバーさんもいたとのことです。

これを書いている(毎年書いてますが・・・)スタッフも、今年はもちがつおにありつける回数が若干増えていて、すごくうれしいわけですが、なぜか大漁で安価な日に限って、ナイトケア当番など夜まで仕事が続き、買いに行ける頃には当然ながら品切れか、若干売れ残っていたとしても(まず売れ残っていません!)時間が時間なだけに独特の食感が少なくなった「新鮮なかつおのお刺身」状態だったりして、なかなかありつけないことが続いています。

それでも、こうしてもちがつおファンのメンバーさんが増えてくれるとうれしいですし、送迎車の中ではもちがつおの話題だけで大盛り上がりです。

さてさて、このブログをご覧の方に、せっかくなのでどこでもちがつおが買えるのか、具体的にお教えいたします。市内の魚屋さんですと、鹿谷町の「魚三」さん。郊外だと雄踏の「おかだや」さん。雄踏にはもう1店もちがつおが買えるお魚屋さんもあります。あと、第2近くのメガドンキホーテ可美店のテナント「やました」さん。フィールというスーパーの「ハミング店」「入野店」です。他にも探せばあるとは思いますが、私の実際に買ったお店が上記のお店です。

お値段としては、時期や漁の具合によりますが、ここ3週間ほどの相場ですと、1サク(1/4)で1000円前後です。フィールさんでは、780円で買ったことがあります。これは自分で切らなければなりません。お刺身として買うなら、ちゃんとお刺身にしてあって「やました」さんで1200円でした。お魚屋さんで買うと若干高い傾向ではありますが、その分、責任を持って目利きしていると思われますので、間違いないです。確かに、サクで買うと安かったりもしますが、自分で家の包丁で切ると、なんだか上手に切れないというか、やっぱりお魚屋さんのプロのお刺身作りは上手で美味しいなあと思います。

あと、入荷時間が重要です。早朝に出漁した船が昼に舞阪漁港や新居漁港に入港し、13時頃にセリが始まります。お魚屋さんに到着するのが、最速で14時半頃。スーパーなどだと、15時半頃から店頭に順次並び、16時台で売り切れてしまうことが多いとのことです。お魚屋さんだと、予約すれば「なるべく早く来てくださいね」とは言われますが、その場でお刺身を作ってくれるので、少し遅めでも大丈夫です。

あと、その日にもちがつおにありつけそうかの情報は、こんな感じで得ています。

まず、朝に漁船の出漁を確認。

https://nakaichiyumekoubou.hamazo.tv/

そして、午後になったら、入荷しているかを確認。

https://kenkenbonito.hamazo.tv/

どちらもブログですので、更新されていないときやタイムラグもあって、そうなると天候や前日の状況から予想するしかないのですが、だいたいこの2つのブログを見れば、もちがつおの傾向がわかります。

というわけで、浜松に今の季節にお越しの方は、ぜひ「もちがつお」ご賞味くださいね。なお、市内の居酒屋さんや料理屋さんなんかでもご賞味いただけます。本当は、夕方までに食べてしまうのが最高ですけれど、独特のモチモチ感は時間の経過で消えてしまうので、夜9時などに食べるのは難しいと思いますが、そこはお店の腕の見せ所です。ベストな状態で保存してあれば、多少遅くなっても美味しいもちがつおが食べられると思います。

この週末は、「第5回日本多機能型精神科診療所研究会(浜松大会)」という学会が開催されます。もしタイミングよく「もちがつおあります」ののぼり旗がお店の前にあったら、ぜひそこのお店に飛び込んでもちがつおをご賞味くださいね!

第2クリニックでは、中日新聞と静岡新聞をとっているのですが、デイケアの方に置いてある中日新聞のコラムが良かったのでご紹介します。

 

 

 

 

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2018122402000096.html

中日春秋

 クリスマスの物語を書きたいと公園で考えていたら見知らぬ犬が一冊の本をくわえてきた。読むとこんな話だった

▼その犬は人になりたかった。人になって、おいしいものを食べる。暖かい帽子をかぶる。願いをかなえる太った男のうわさを聞いた。頼んでみよう

▼犬は太った男を捜そうと村へ出かけた。太った男は見つからないが、年老いた女に出会った。「クリスマスよ。あなたにも」。パンを一つくれた。裏通りでは若い男が犬に声を掛けた。「寒いだろう。クリスマスだ。この帽子をあげよう」。犬は大喜びした。パンに帽子、僕は人間になっていく

▼日が暮れた。雪が降ってきた。パンに帽子。けれど僕は人間にはなれない。街灯の下で泣いている女の子に会った。雪は強くなったが、帽子もコートもない。お母さんが帰ってくるのを待っているという。寒い夜に独りきり。犬はパンと帽子を女の子の足元にこっそりと置いて駆けだした

▼帰り道。ひどい吹雪になった。前へ進めない。寒い。おなかもすいたが、犬は女の子のことを考えた。あの帽子とパン。喜んでくれたかな。翌朝。人間の若者がそこに倒れていた

▼悲しいよ。本をくれた犬に言うとまだ先があると教えてくれる。人になった犬はあれから、太った男の手伝いをしているそうだ。やさしさと喜びを集め、足らない場所に配る仕事らしい。おまえもかい?

春先から初夏にかけての浜松の味覚といえば、もうこれしかありません。「もちかつお」です。

 

以前のブログにもエントリーを書いたことがありますが、至空会の一部にはもちかつおがたまらなく好きな人々がいます。最近では、スタッフだけでなく、メンバーさんの中にも、もちかつお好きな人々がいたりして、送迎の車中で、「昨日は舞阪に何本揚がった」「近くの居酒屋に今夜ものぼり旗が出ている」などと盛り上がることもしばしです。

 

先日、第2デイケアの「ミドルグループ」という小グループ(年齢別で人生のベテランのメンバーが多い)で、食事会に行きました。その後、浜名湖方面にドライブに行き、雄踏の「おかだや」という、もちがつおならここでしょ!というお魚屋さんに寄りました。もちろん、もちがつお狙いです。

 

しかし、その日は水揚げが少なく、浜値で1匹8,000円近いこともあり、ちょっと高いなあと諦めました。目で楽しんできました。

 

もちがつおは、毎日コンスタントに捕れるわけでもなく、さらには水揚げして数時間で食べる必要があるので、冷凍保存というわけにもいきません。なので、昨日は激安、今日は激高値ということもよくあるのです。なお、その一週間後は、舞阪に700本くらい揚がったということで、1匹3,000円台だったようです。

 

そんなこんなで、6月に入ると舞阪のカツオ漁が終わる(甘鯛漁になるそうです)こともあり、先日いちかばちか、「おかだや」に向かいました。ラッキーなことに、値段も激安というほどではありませんが、安い相場だったので、やっと今シーズン2回目のもちがつおにありつけました。せっかくですので、数年前より「もちがつおが食べたい」と言っていたスタッフにもおすそ分けしました。いやあ、美味しかったなあ。

第2デイケアでも、お花見サイクリングに行ってきました。

 

第2から東に向かい、馬込川を北上しました。途中、いくつかのお花見スポットがあり、新幹線高架下でターンして戻ってきました。所要時間約1時間、距離的には約10km、消費カロリーは約360kcalです。

 

とてもおだやかな春の一日で、のんびりと10人くらいでサイクリングしました。なかなか好評で、またサイクリングしたいとの声が上がりました。

 

浜松でサイクリングと言えば、浜名湖一周(ハマイチ)や、太平洋自転車道路がメジャーですが、馬込川をはじめとする浜松の小さな川には、意外とウォーキング・サイクリングロードがあるんです。その多くに桜が植えてあり、春は咲き誇る花が、夏は深緑の木陰に、秋や冬は葉が散り柔らかい陽が降り注ぎます。高低差もほとんどなく、ちょうどいいサイクリングコースなのです。

 

さて次回は、どこに行こうかな?

 

消費したカロリーの分を「補給」するというのはどうかというアイデアもあり、スイーツライドなんかも楽しそうですね!

 

#サイクリング #ポタリング #ライド

#ハマイチ #浜松サイクリング

第2の受付に、発売されたばかりのiPadが届きました。驚きの海外から直送でした。このiPadは受付と院長が受診予約状況をリアルタイムに確認できるシステムに使われています。先生のiPadのほうがだいぶ前の機種なので、先生は「あ、いいなあそれ、今持ってるのより速い。形も似てるし、交換してよ〜」と言っていましたが、受付さんはビシっと「こっちで入力するんですから!先生は見るだけですから今ので十分ですよ!」言っていました。先生は「う〜ん、いいなあ、いいなあ〜」と言いながら院長室に戻っていきました。(ぜんぜん予約システムに関係ない話になってスミマセン)

第2デイケアでは就労訓練の一環として、依頼され草刈りなどをしています。

今日もその日でした。草の量が多いので、軽トラックで集積場まで運搬します。朝、スタッフが建機レンタル店に軽トラを借りに行くと、あれ、なんだかいつもと違うぞ、と若干の違和感を感じました。乗ってみて、気付きました。

あれ!?マニュアル車だ!

マイクロバスの免許も持っていますから、マニュアル車は運転できる(実際に運転できるのと、免許上の運転ができる範囲は大違い)はずなのですが、もう何年も左足は休憩中でしたので、焦りました。

基本的にオートマの軽トラレンタルはこのお店にはないとのこと。確かによくよく考えてみれば、工事など土木のプロの方々が利用されるので、マニュアル車じゃないと現場では使い物にならないです。

お店の方に乗り方を教えていただき、心配そうな顔で「お客様、駐車場の中でしばらく練習して行ってくださっても構いませんよ・・・いや、練習して行ってください」と言われました。

私も練習しないと乗れないと思ったので、しばし駐車場内で運転の練習です。クラッチがよくわからん!左手も動かすし、もう頭が大混乱!

しかし、ここでいつまでも練習しているわけにもいきません。

意を決して、お店から大きな街道に出ようとしたら・・・突然職場から電話です。しかも、道に出る若干の坂道の途中です。バックしようにも、エンジンを吹かすだけでバックしない!前に進めば車がびゅんびゅん走ってる!別の施設のスタッフに電話を30分以内にかけてくれという内容でしたが、「もうそれどころじゃない!」と速攻電話を切り、しかし運転中にスタッフから電話が入ったら、何が起こるかわからないので、かけました。「オレ今、電話してる場合じゃないくらい人生で大変なことになってる」と意味不明な電話をかけて速攻切りました。スミマセンでした!

この電話事件で混乱した私は、もう行くしかないと、大海原、いや大きな街道に小舟、いや軽トラを進めました。

1速スタートでガタガタぴょんぴょん飛び跳ね、2速にするのもよくわからず、爆音で走る軽トラを遮ったのは、出てすぐの信号です。おいおい!そこで止まったら二度とエンジンかからなくなるかもしれんよ〜と思ったら、赤に変わりました。

はぁ、どうしよう。真後ろには大きなトラックがいます。

青になり、アクセルを踏んだところ、タイヤが空転したのか、一瞬白煙がバックミラー越しに見えました。

はあゝあゝあゝどうしよう。。。

なんとか、ぴょこんぴょこんと飛び跳ね前後に揺さぶられながら1速爆音の軽トラが走り出しました。気付けば、後ろのトラックは、危険を察知したのか、明らかにこちらと距離を取って走っています。たぶん、くすくす笑っていたことでしょう。

しばらくずっとトラックが後ろにいたのですが、勝手な想像ですが、「こいつは危ない、なんとかしてやらなきゃ」と思ったのか、軽トラとトラックの間に他の車が割り込むこともなく、ずっとトラックが絶妙な距離で追走してきました。プロドライバーさん、どうもありがとうございました。

しかし街なかに入り、交通量も増え、渋滞もあり、ぴょこぴょこガツンな軽トラはより違和感のある走りを見せました。トラックさんもついに負け、1台のハイブリット乗用車が入ってしまいました。この危険な軽トラを知らないのでしょう、結構真後ろにくっついて止まってくる。。。

私は四六時中「ああ〜〜〜信号変わらないでよ〜〜〜〜〜!」とか「こんなマニュアル車はもういやだ〜〜〜」と大騒ぎしながら叫んで乗っていたので、その叫びが聞こえればいいんでしょうが、窓がぴったり閉まった乗用車にはその声も届かず。

浜松は平坦だと思っていましたが、ついにある交差点で若干の気づかないほどの上り坂になっているところで信号停止となり、坂道発進もタイミングがなかなか合わず、後ろの乗用車はヒヤヒヤだったと思われます。

しまいには、「交差点を曲がるとスピードを落とさなければならない=ギアチェンジの必要がある=そのたびにぴょこぴょこガツンになるのか=だったら一番曲がらないルートを通ろう」と、頭の中でスーパーコンピューターのカーナビを0.8秒ほどで動かし、やっとこさで第2クリニックに到着しました。

何も作業していないのに、Tシャツは汗だくでした。もう朝一番から疲れ果て、駐車場に座り込んでしまいました。年甲斐も無く「もう草刈りやめた!!」と叫んでしまいました。そもそもまだ草刈りにも行ってないのに。

というわけで、草刈り就労訓練の本体よりも、軽トラのほうに体力を奪われ、こんなブログになってしまいました。

夕方、軽トラは無事に返せました。

草刈りも、この天候不順の中、メンバーさんたちのがんばりでなんとか予定通りに終わりました。

もう、マニュアル車の軽トラは借りるのやめようと心に誓いました。

(※このブログはスタッフの個人的な感想であり、法人全体の意向を表明したものではありません。なお、交通安全には常に注意し、日々の業務を遂行していることを改めて記載いたします)