第5回日本多機能型精神科診療所研究会の前日見学会を行っています。今日の浜松は30℃近いカラッとした暑さですが、みなさん全国からお集まりいただき、熱心に説明を聞かれています。

明日は、本大会です。浜松市医師会館にて9時開場で9時半よりプレプログラムが始まります。当日お越しの方も大歓迎で、県内の方や学生の方は割引となります。ぜひお越しください。

 

大会公式ウェブアプリ

https://takinou2019.glideapp.io/

当法人理事長大嶋正浩が、3月30日(土)に東京のコミュニティラジオ局FM世田谷の「玉城ちはるの心の参観日」に出演します。

「発達障害の子供がいる家庭では、どんなことに気をつけると良いのでしょうか?」という内容でコーナーでのコメントをいたします。

放送は午前10時より10時半まで。エリア外にお住まいの方は、こちらのURLをクリックすると聞くことができます。(iPhoneのSafariブラウザで確認済み。Androidの方は録音ラジオサーバーをご利用ください)

http://hls1.bitmedia.ne.jp/hlsdata/fm834/playlist.m3u8

録音ラジオサーバーについて

毎週土曜10時~10時半 FM世田谷 「玉城ちはるの心の参観日」 パーソナリティー:玉城ちはる(ラジオ・東京)

至空会では、8/25(土)「納涼会」を開催いたします。

 

当日は、地域のみなさんはじめとして、たくさんの方々が浜北の会場に訪れます。

模擬店や、ステージの演奏など盛りだくさんです。

 

この夏祭りをお手伝いいただけるボランティアさんを大募集しています。

主に午後の模擬店のお手伝いなどをお願いしますが、午前中の設営準備だけという男子学生さんもOKです。

 

医療や福祉に興味がある保健系の学生さん、子どものケアに興味がある保育系の学生さん、地域の活性化に興味がある学生さん、そのほかお手伝いいただける方いらっしゃいましたら、ご連絡ください。

 

TEL 053-586-8001(ボランティア担当:寺田)まで

なお、8/10〜15は夏季休診日でお休みとなります。

 

本日、児童発達支援センターさんぽみちの開所式を行いました。

近隣の子どもを支援する施設や行政関係の方々に多数ご列席いただき、浜松市健康福祉部参事障害保健福祉課長の田中孝太郎様、浜松市市議会議員の吉村哲志様、花井和夫様よりご祝辞をいただきました。施設案内の後は、隣接する「ひだまりのみち」よりオードブルで懇談会を行いました。

 

児童発達支援センターとは、障害のある子どもたちを身近な地域で支援していくための施設です(くわしくは、独立行政法人福祉医療機構のHPを御覧ください)。浜松市にもすでに、発達医療総合福祉センターや根洗学園など数カ所に設置されています。

 

今後は、子どもの発達を支援する各機関と連携しながら、この地域がより良くなるお手伝いをさせていただきたいと、施設長の挨拶がありました。

建物は、「ひだまりのみち・さんぽみち」のかつて駐車場だったスペースの一部に建設しました。東側には、人工芝の広い遊び場があります。夏になると、ここにプールを出す予定です。また、かなり広々としたウッドデッキもありますが、実はその下は貯水池(調整池)です。

 

内部は、「ひだまりのみち・さんぽみち」同様、木をふんだんに使った仕様になっています。子どもたちが遊べる広いスペースや、調理ができるスペースがあります。1階にはロフトのような登れる場所もあり、休息ができる小部屋もあります。

 

内緒話ですが、新しい建物だけあって、床がスケートリンクのようにつるつるで、あまりのつるつるさに、滑ってしまうスタッフもいて、急遽先週末に滑らないようなワックスをスタッフ総出でかけたとのことでした。いろいろな思いがこもった新施設です。今後ともよろしくお願いします。

4月、鴨江の分庁舎に「浜松市障がい者基幹相談支援センター」が開所しました。ここは、浜松市障がい者基幹相談支援センター共同運営協議会が運営する、障害を持つ方を支える総合的な組織です。

(1)基幹相談支援センター事業(平成 30 年 4 月、鴨江分庁舎 1 階にて開設)
・地域の相談支援機関への専門的な助言(身体、知的、精神及び発達に障害のある児者に対応)。
・障害者相談支援事業者の人材育成、相談機関との連携強化、権利擁護・虐待の防止 など
(2)地域生活支援拠点事業
・将来を見据えた地域生活(ひとり暮らし、グループホームなど)への体験や移行支援。
・緊急時における短期入所などへの迅速な受入れ(24 時間 365 日体制の緊急支援機能)。
・地域での生活を支援する様々な社会資源による連携体制の構築、専門的人材の育成 など

特色として、市内5法人による共同企業体方式で運営を行うことがあります。参加しているのは、(福)小羊学園、(医)好生会、(医)至空会、(福)天竜厚生会、(福)聖隷福祉事業団となっており、至空会からも担当者が常駐しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/shise/koho/koho/hodohappyo/h30/3/2803.html

平成30年度の入社式が行われました。今年は11名の新入社員が入職しています。これから約1ヶ月、研修のため各施設をローテーションし、その後、各施設に配属となります。フレッシュマンの皆さん、がんばってくださいね。

ちなみに、入社式の後は、ひだまりのみち2F厨房で元フレンチのホテルシェフが腕をふるったオードブルでお祝いをしました。今回の料理は、お寿司が新登場したり、オレンジソースを使った鶏胸肉料理(最近流行っていますね)や鰹のタタキが美味しかったです。毎年どんなものが出てくるか、先輩スタッフたちも楽しみのようです。

(至空会の就労支援部門では、このような本格的なパーティーオードブルのケータリングにも対応しております。お問い合わせ・ご注文は、ひだまりのみちまでどうぞ)