カテゴリー: ‘お知らせ’

第2スタッフです。

写真は浜松市の特産品紹介ホームページのものですが、この「かつおのお刺身」はただのカツオではないんです。そう、知る人ぞ知る「もちがつお」です。

独特のモチモチ感とねっとりした感じは、新鮮すぎるカツオだからこそ。普通のカツオのお刺身も美味しいですが、もちがつおはまさに別物ではないかと思うほどです。

さてさて、このもちがつお、今がシーズンなのですが、年によってまったく漁でとれない年もあったりで、毎日お魚屋さんにあるわけではありません。海の天候が荒れれば漁はお休みですし、冷蔵や冷凍で保存できるものでもないので、「あったら買って食べる(とりあえず値段は考えず)」が基本となります。

今年は、出足こそ少量で値段も高かったものの、近年にないくらいの大豊漁。黒潮の位置が遠州灘に近いからだと思われます。先週は海が荒れていて漁が少なくほとんど水揚げもなかったのですが、ここ3〜4週間くらい漁があれば魚屋さんに並んでいます。しかも、大漁続きだそうで、普通のカツオより若干高い程度で買えたりすることもあります。

以前からこの季節になると、第2デイケアでも「もちがつお食べたいなあ」の話題になります。「もちがつおって何?」というメンバーさんもいますが、食べたことがある人はわかるけれど、食べないとあの美味しさはなかなか表現できません。そうなると、どうしても食べてみたくなるのが人情というもの。ただ、漁があって値段もそこそこ手の届く範囲でないと買えないので、ずっと幻のもちがつおでした。

それが今年は豊漁ということもあり、またもちがつおを扱うスーパーがメンバーさんたちが住んでいる周辺にもできたりしたこともあって、「買えた!(しかも安く)」とか「初めて食べた!」とかいう声が聞かれるようになりました。

先日のいちご狩りのときも、昼食時に福田漁港の海の駅に寄ったのですが、もちがつおが売っていたそうで、食べていたスタッフやメンバーさんもいたとのことです。

これを書いている(毎年書いてますが・・・)スタッフも、今年はもちがつおにありつける回数が若干増えていて、すごくうれしいわけですが、なぜか大漁で安価な日に限って、ナイトケア当番など夜まで仕事が続き、買いに行ける頃には当然ながら品切れか、若干売れ残っていたとしても(まず売れ残っていません!)時間が時間なだけに独特の食感が少なくなった「新鮮なかつおのお刺身」状態だったりして、なかなかありつけないことが続いています。

それでも、こうしてもちがつおファンのメンバーさんが増えてくれるとうれしいですし、送迎車の中ではもちがつおの話題だけで大盛り上がりです。

さてさて、このブログをご覧の方に、せっかくなのでどこでもちがつおが買えるのか、具体的にお教えいたします。市内の魚屋さんですと、鹿谷町の「魚三」さん。郊外だと雄踏の「おかだや」さん。雄踏にはもう1店もちがつおが買えるお魚屋さんもあります。あと、第2近くのメガドンキホーテ可美店のテナント「やました」さん。フィールというスーパーの「ハミング店」「入野店」です。他にも探せばあるとは思いますが、私の実際に買ったお店が上記のお店です。

お値段としては、時期や漁の具合によりますが、ここ3週間ほどの相場ですと、1サク(1/4)で1000円前後です。フィールさんでは、780円で買ったことがあります。これは自分で切らなければなりません。お刺身として買うなら、ちゃんとお刺身にしてあって「やました」さんで1200円でした。お魚屋さんで買うと若干高い傾向ではありますが、その分、責任を持って目利きしていると思われますので、間違いないです。確かに、サクで買うと安かったりもしますが、自分で家の包丁で切ると、なんだか上手に切れないというか、やっぱりお魚屋さんのプロのお刺身作りは上手で美味しいなあと思います。

あと、入荷時間が重要です。早朝に出漁した船が昼に舞阪漁港や新居漁港に入港し、13時頃にセリが始まります。お魚屋さんに到着するのが、最速で14時半頃。スーパーなどだと、15時半頃から店頭に順次並び、16時台で売り切れてしまうことが多いとのことです。お魚屋さんだと、予約すれば「なるべく早く来てくださいね」とは言われますが、その場でお刺身を作ってくれるので、少し遅めでも大丈夫です。

あと、その日にもちがつおにありつけそうかの情報は、こんな感じで得ています。

まず、朝に漁船の出漁を確認。

https://nakaichiyumekoubou.hamazo.tv/

そして、午後になったら、入荷しているかを確認。

https://kenkenbonito.hamazo.tv/

どちらもブログですので、更新されていないときやタイムラグもあって、そうなると天候や前日の状況から予想するしかないのですが、だいたいこの2つのブログを見れば、もちがつおの傾向がわかります。

というわけで、浜松に今の季節にお越しの方は、ぜひ「もちがつお」ご賞味くださいね。なお、市内の居酒屋さんや料理屋さんなんかでもご賞味いただけます。本当は、夕方までに食べてしまうのが最高ですけれど、独特のモチモチ感は時間の経過で消えてしまうので、夜9時などに食べるのは難しいと思いますが、そこはお店の腕の見せ所です。ベストな状態で保存してあれば、多少遅くなっても美味しいもちがつおが食べられると思います。

この週末は、「第5回日本多機能型精神科診療所研究会(浜松大会)」という学会が開催されます。もしタイミングよく「もちがつおあります」ののぼり旗がお店の前にあったら、ぜひそこのお店に飛び込んでもちがつおをご賞味くださいね!

特設サイトOPEN!→公認心理師の受験に必要な「実務経験」を当院で研修しませんか

 このたび当法人では、公認心理師実務経験実施施設(公認心理師法第7条第2号に規定する施設)認定の申請をしております。平成31年4月より開始予定となっております。つきましては、平成31年4月からの実務従事者を募集します。

 大学で、公認心理師法第7条第2号の省令で定める科目(Bルート)もしくは、公認心理師法附則第2条第1項第4号の省令で定める大学における科目(Fルート)を修めた方が、当施設で研修を修了されますと、公認心理師の受験資格を得ることが可能になる予定です。 

 なお、公認心理師法附則第2条第1項第4号の省令で定める大学における科目につきましては、公認心理師法施行規則第3条をご参照ください。また、科目の読み替えにつきましては、各大学にお問い合わせください。

【科目の読み替えについて】公認心理師カリキュラム等検討会報告書(平成29年5月31日版)の26ページに「省令で定める科目」の一覧があります。12ページより16ページまでの間で「必要な科目に含まれる事項」の具体例が公表されています。こちらを同時に大学に提出し、読み替えの判断を依頼していただくことをお勧めします。

 科目読み替えに便利なファイル「公認心理師受験資格(履修科目)確認シート 」を配布しております。こちらも併せてお使いください。Excel版PDF版

 当法人施設、実務など詳しくは、募集要項をご覧ください。

※平成31年4月より研修を開始し、修了された公認心理師受験資格は、現任者(いわゆるGルート)のような5年間という経過措置とは違い、経過措置の期間は定められていないことを厚生労働省に確認済みです。よって受験資格はその後も継続されることになります。(平成30年12月4日時点の情報です)

※本ページに記載した資料については、厚生労働省「公認心理師カリキュラム等検討会」のHPより引用しました。→引用元

 

至空会では、8/25(土)「納涼会」を開催いたします。

 

当日は、地域のみなさんはじめとして、たくさんの方々が浜北の会場に訪れます。

模擬店や、ステージの演奏など盛りだくさんです。

 

この夏祭りをお手伝いいただけるボランティアさんを大募集しています。

主に午後の模擬店のお手伝いなどをお願いしますが、午前中の設営準備だけという男子学生さんもOKです。

 

医療や福祉に興味がある保健系の学生さん、子どものケアに興味がある保育系の学生さん、地域の活性化に興味がある学生さん、そのほかお手伝いいただける方いらっしゃいましたら、ご連絡ください。

 

TEL 053-586-8001(ボランティア担当:寺田)まで

なお、8/10〜15は夏季休診日でお休みとなります。

 

2015JDNshizuokashimbun 至空会では、当事者イベント「じゃんだらにぃ」を応援しています。

 

今回、静岡新聞の1面に記事が掲載されました。当事者発表で登壇される方の半生が書かれていました。

 

この記事の最後にこんなことが書かれています。

 

「人間は一人では成長できない。発達障害がある人は勇気を出して、いろいろな人と交わってほしい」

 

記事の村山さんは、「フォローしてくれる仲間」の存在も大切だとおっしゃっています。

 

私たちも、世間からすればどちらかというと「フォロー側」のように思われていますが、日々生きていて自分自身のアンバランスさや、他人のことで、いろいろ悩んだり苦しんだり考えたりすることもあります。

 

ですが、そんな自分を知って、それでもいいかなと思えて、そう思えるきっかけとなってくれた人たちがフォローしてくれているから、なんとかやっているのではないかと思いました。

 

じゃんだらにぃも、一人の力で成長しているのではなく、大勢の方々の協力と、言葉にならない思いを栄養にして、毎年毎年続けられているという感じがします。

 

会場に行って、講演を聞く。アートを見る。各施設の自主製品を買う。

 

会場に行けなくても、そういう取り組みがあることを知っている。

 

そんな小さなフォローも、この地域を少しでも良くしていくためのことなのだと思います。

 

静岡新聞の記事はこちら(PDFファイルが開きます)

2015JDNshizuokashimbun

 

FMハローのラジオ出演の記事もどうぞ

http://plusyourday.hamazo.tv/e6162348.html

DSC_1978

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、川嶋あいさんの「ドアクロール」という曲は、じゃんだらにぃにぴったりな歌だと思います。個人的な希望ですが、いつかオープニングで歌ってほしいです。

img-3

6/20(土)〜21(日)に浜松市で開催される、日本精神神経科診療所協会第21回学術研究会のご案内です。

事前登録は5/13(水)となっております。特に今回は参加しやすいように参加費をリーズナブルに設定しました。事前登録にてコメディカルが2,000円となっており、ランチョンセミナーでは無料でお弁当があるので、実質参加費がフリーに近い形となります。

ぜひ、ご参加ください。

お申込みおよび詳細は大会ホームページをご覧ください。
http://www.med-gakkai.org/japc2015/

きょう、遠い国に旅立って行った私たちの僚友と、一遍の詩を一緒に読みたいと思います。おやすみなさい。

 

生きる<谷川俊太郎>

 
生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
 
あなたと手をつなぐこと
 
生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと
 
生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ
 
生きているということ
いま生きているということ
 
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
 
いまいまがすぎてゆくこと
 
生きているということ
いま生きてるということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
 
人は愛するということ
 
あなたの手のぬくみ
いのちということ