カテゴリー: ‘お知らせ’

 このたび当法人では、公認心理師実務経験実施施設(公認心理師法第7条第2号に規定する施設)認定の申請をしております。平成31年4月より開始予定となっております。つきましては、平成31年4月からの実務従事者を募集します。

 大学で、公認心理師法第7条第2号の省令で定める科目(Bルート)もしくは、公認心理師法附則第2条第1項第4号の省令で定める大学における科目(Fルート)を修めた方が、当施設で研修を修了されますと、公認心理師の受験資格を得ることが可能になる予定です。 

 なお、公認心理師法附則第2条第1項第4号の省令で定める大学における科目につきましては、公認心理師法施行規則第3条をご参照ください。また、科目の読み替えにつきましては、各大学にお問い合わせください。

【科目の読み替えについて】公認心理師カリキュラム等検討会報告書(平成29年5月31日版)の26ページに「省令で定める科目」の一覧があります。12ページより16ページまでの間で「必要な科目に含まれる事項」の具体例が公表されています。こちらを同時に大学に提出し、読み替えの判断を依頼していただくことをお勧めします。

 当法人施設、実務など詳しくは、募集要項をご覧ください。



※平成31年4月より研修を開始し、修了された公認心理師受験資格は、現任者(いわゆるGルート)のような5年間という経過措置とは違い、経過措置の期間は定められていないことを厚生労働省に確認済みです。よって受験資格はその後も継続されることになります。(平成30年12月4日時点の情報です)

※本ページに記載した資料については、厚生労働省「公認心理師カリキュラム等検討会」のHPより引用しました。→引用元

至空会では、8/25(土)「納涼会」を開催いたします。

 

当日は、地域のみなさんはじめとして、たくさんの方々が浜北の会場に訪れます。

模擬店や、ステージの演奏など盛りだくさんです。

 

この夏祭りをお手伝いいただけるボランティアさんを大募集しています。

主に午後の模擬店のお手伝いなどをお願いしますが、午前中の設営準備だけという男子学生さんもOKです。

 

医療や福祉に興味がある保健系の学生さん、子どものケアに興味がある保育系の学生さん、地域の活性化に興味がある学生さん、そのほかお手伝いいただける方いらっしゃいましたら、ご連絡ください。

 

TEL 053-586-8001(ボランティア担当:寺田)まで

なお、8/10〜15は夏季休診日でお休みとなります。

 

2015JDNshizuokashimbun 至空会では、当事者イベント「じゃんだらにぃ」を応援しています。

 

今回、静岡新聞の1面に記事が掲載されました。当事者発表で登壇される方の半生が書かれていました。

 

この記事の最後にこんなことが書かれています。

 

「人間は一人では成長できない。発達障害がある人は勇気を出して、いろいろな人と交わってほしい」

 

記事の村山さんは、「フォローしてくれる仲間」の存在も大切だとおっしゃっています。

 

私たちも、世間からすればどちらかというと「フォロー側」のように思われていますが、日々生きていて自分自身のアンバランスさや、他人のことで、いろいろ悩んだり苦しんだり考えたりすることもあります。

 

ですが、そんな自分を知って、それでもいいかなと思えて、そう思えるきっかけとなってくれた人たちがフォローしてくれているから、なんとかやっているのではないかと思いました。

 

じゃんだらにぃも、一人の力で成長しているのではなく、大勢の方々の協力と、言葉にならない思いを栄養にして、毎年毎年続けられているという感じがします。

 

会場に行って、講演を聞く。アートを見る。各施設の自主製品を買う。

 

会場に行けなくても、そういう取り組みがあることを知っている。

 

そんな小さなフォローも、この地域を少しでも良くしていくためのことなのだと思います。

 

静岡新聞の記事はこちら(PDFファイルが開きます)

2015JDNshizuokashimbun

 

FMハローのラジオ出演の記事もどうぞ

http://plusyourday.hamazo.tv/e6162348.html

DSC_1978

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、川嶋あいさんの「ドアクロール」という曲は、じゃんだらにぃにぴったりな歌だと思います。個人的な希望ですが、いつかオープニングで歌ってほしいです。

img-3

6/20(土)〜21(日)に浜松市で開催される、日本精神神経科診療所協会第21回学術研究会のご案内です。

事前登録は5/13(水)となっております。特に今回は参加しやすいように参加費をリーズナブルに設定しました。事前登録にてコメディカルが2,000円となっており、ランチョンセミナーでは無料でお弁当があるので、実質参加費がフリーに近い形となります。

ぜひ、ご参加ください。

お申込みおよび詳細は大会ホームページをご覧ください。
http://www.med-gakkai.org/japc2015/

きょう、遠い国に旅立って行った私たちの僚友と、一遍の詩を一緒に読みたいと思います。おやすみなさい。

 

生きる<谷川俊太郎>

 
生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
 
あなたと手をつなぐこと
 
生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと
 
生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ
 
生きているということ
いま生きているということ
 
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
 
いまいまがすぎてゆくこと
 
生きているということ
いま生きてるということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
 
人は愛するということ
 
あなたの手のぬくみ
いのちということ

子ども家庭ソーシャルワーク研究会主催

第4回講演会のお知らせ

「子ども家庭ソーシャルワーク研究会」の紹介

2014 年 6 月、青年期、成人期も含めた長期的な関わりが継続できるようなソーシャルワークを行うことを目的に、「子ども家庭ソーシャルワーク研究会」が活動を開始しました。2 か月に一度、研究会、講演会等を企画していく予定です。今回は、事例に関する報告のあと、グループでの検討会も行います。皆さま是非ご参加ください。

日 時 2015 年 4 月 17 日(金) 19:00~21:00(受付開始 18:30)

場 所 浜松市福祉交流センター 大会議室(静岡県浜松市中区成子町 140-8)

駐車場に限りがありますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

http://www.h-fukushikoryu.jp/aboutus/accessmap.html

講師:大嶋 正浩 先生

(医療法人社団至空会理事長・メンタルクリニックダダ院長 )

テーマ「子ども関連の浜松市の動き-発達障害児支援体制整備検討から」

内容:浜松市の政策の進み具合、浜松市における資源、教育委員会関係の動きなど、様々な情報を提供します。また、浜松市の発達障害政策の報告書(詳細情報をいれこんだもの)を配布させていただきます。いろいろな資源の情報も網羅されています。

また、「はますくファイル」の大きな改正があり、その資料もお配りしたいと思います。

対象:児童、障害、保育、教育分野で働いている専門職の方

会費:200 円(会場費として徴収させていただきます)

聖隷クリストファー大学 佐々木正和 masakazu-s@seirei.ac.jp 宛てに、ご氏名、ご所属、ご連絡先(メールアドレス)を明記の上 E メールにてお申し込みください。定員になり次第締め切らせていただきます。なお、この会ではお互いの氏名と職種のことを知りたいとのご要望があり、当日許可をいただければ名簿を配布したいと存じます。