訪問看護

【訪問看護】


精神障がいを抱える人でも地域で安心して暮らしていくために、その人のニーズに沿った支援をしていきます。訪問看護スタッフが患者さんのご自宅に訪問をします。そこで下記のような支援を行なっています。


【現状報告】


訪問看護をはじめて、5年間が経ちました。現在16名の患者さんに対して、7名の訪問スタッフで訪問看護を行っています。今年から、訪問看護の充実を図るため、院内チームを結成して訪問看護ミーティングを定期的に行っています。


【対象者】


当院に通院している患者さんで、主治医の指示の下、訪問看護を行っています。例えば、家にこもっていて、家族以外との会話がない人、外に出たいんだけど、一人だと不安だという人、一人暮らしをはじめて一人暮らしの仕方が分からない人等を対象に現在は訪問看護を行っています。


【内容】


多様なニーズがあり、訪問スタッフと一緒にできることを考え、主治医の指示の下、行っています。その為、それぞれ患者さんによって、異なる支援をしています。悩みの相談や、話し相手、音楽を一緒に聞いたり、外を散歩したり、何かを一緒に作ったり、ゲームをしたり、公共交通機関に乗るための練習等様々です。


【費用】


 訪問看護にかかる費用について説明します。診療報酬の訪問看護指導料となります。自立支援医療の手続きを済まされている方は580円となります。また、交通費が実費負担となります。当院から5km以内は250円、5km以降は300円となります。